打とうとする時に出る
2009年06月09日 (火) | 編集 |
4名。これくらいなら、いいな。

サービスラインで(フォア&バック)ボレー:
打点は色々(ハイ、ミドル、ロー)だけど、コーンを順に狙う。
コーンは、エンドライン、サービスボックス、ショートアレー、それぞれのコーナー。
コーンから1m以上外れないように、コントロールする。

深いときはキッチリ運ぶ。どれくらいの「押し」でどれくらいボレーが長くなるか、短くなるか、自分で感覚をつかむ。コース見ない方が良い。バックをゆっくり深く、となると私は片手ボレーの方がコントロールがよくなる。
クロスへ。ストレートへ。
ショートアレーは「五木ひろし」だったな、と思い出した。

サービスライン対エンドラインで1対1のクロス対決:
サービスラインから球出し~エンドラインからストローク~これをボレーで深く返す~エンドラインの人がテイクバックして打とうとする時にクロス前へ詰めて、ストレートアレーへ決める。相手は下がっているのだから、強打する必要はない。コントロールする。また、相手はエンドラインなのだから、ショートアレーへは打たれない(技術がいる)だろうから、そこは気にする必要はない(ただし、自分のボールが短くなったら、アレーはあるよ)。

打とうとするタイミング、というのは自分の打ったボールの速さと深さ(速かったら速く、深かったら遅く)、相手の癖(テイクバックが大きいかコンパクトか)によって変わるから注意する。早く詰めすぎると、ロブで抜かれる。遅いと、カットできない。
フォアサイドから遠目のセンターボールをバックハンドでアレーにボレーするのがどうも。。きっと、前詰めが間違っている?センターへ詰めていけば良いのか。きっと詰めるのが遅くて、甘いんだ~

面を作って、ボールの横側を打つくらいのつもりで。
振らない、かぶせない。当てるくらいの気持ちで。でも、踏み込みは忘れずに。
打ったボールは見ない。コースも見ない。相手は見るよ。

試合形式、並行陣対雁行陣:
試合形式になると、ボールを見てしまい反応が遅れるので注意。
ボールの軌道が自分サイドに向かってくるボールは取ること。
逆にペア側へ逃げていくボールを取るなら、前に詰める。横へ出ると陣地がぶつかる。

自分の前の相手からストレートアレーに打たれるボールをケアすること。そこには誰もいないから。センターはとれたらラッキーくらいでもいい。後衛がいるから。
ショートに行ったらアングル、良いボールはロブ、相手の体勢をみて常に予測、予測。自分の打ったボールを見ている暇はない。
チャンスボールはもっと前へ詰める。まだまだ後ろだ。
飛び出すなら斜め前。横へ動いちゃダメなのに、まだまだ横に動くよ。
やっぱ見てるな。打ったら構えろ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック