逆クロスでショートアレー
2009年06月17日 (水) | 編集 |
バックボレーのことを聞く。
師匠は一緒にゲームをしていてミスしたときに「うん、やっぱり振りすぎてるかな」と。
コーチにも「バックボレーミスが多くなった時どうすれば?」と聞いた。
「右肘を体にくっつけてないか確認する。右肘を体から離しておかないと、肘を支点に振ってしまう。そして右肘の方を少し上げる。手首はコックして動かさないこと」
「横向きになること。低いボールは膝を曲げて」


今日のテーマは逆クロスでショートアレーを抜く
逆クロスをショートに打つときは「必要以上に肩を回さない。ラケットは縦に使う。振り抜きはインサイドアウトすることでコントロールが良くなる。
このように、インサイドアウトで打つことで、相手のスライスで差し込まれた時でも打ち返せるようになる、らしい。

アドサイドからフォアで逆クロス。
テイクバックではラケットヘッドを下げてインサイドアウト。ショートクロスに打つのだから、フィニッシュでは打つ方向へ肘を向ける。右肩をぐるんと回して、ラケットを左側に巻き付けたりしないこと。打つ方向がショートクロスなのに、肩回しちゃうと、ボールを引っ張っちゃうことになるからコントロール悪くなる。

テイクバックのときもグリップエンドを打つ方向に向けるんだから、わかりやすいかな。
ヘッド下げてラケットを縦方向に使うことでスピンがかかる。

デュースサイドからバックハンドで逆クロス
やはりテイクバックでのラケットヘッドダウン。インサイドアウトで振り抜いて、左肘をショートクロス方向へ向ける。だから、やはりフィニッシュではラケットは体の前あたり。
バックハンドは、絶対に肩を回してしまってラケット巻き付けちゃうと、ショートクロスには飛ばないだろうな。

ついでに、順クロスでのショートアレーを聞く。
ボーリングの様にラケットを使って、ボールのサイドを打つんだけど、よくネットするんだよね。「きっとラケットヘッドが下がってない」とのこと。ラケットダウンして、ボールの右下を打つくらいでいい。で、インパクトはかなり前だよね。

ヘッドを下げて、打点を気にして、コースを見ないで打ってみると、厳しいアレーに行くが、入っているかどうかは??

とにかくみんな「テイクバックが遅い」
「バウンドに合わせてひいてはダメ」
「ラケットと体が同時に回ってはダメ」

サービスは、やっと前に近いくらい打てるようになった。嬉しいな。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
逆クロスアレーは難しいですよね~~(;^_^A アセアセ
特にスピンの巻き込み型で入れる場合は、ボールに対してお尻から入っていくと楽ですよ。
っていうか、フォームが安定しているのなら、そのボールの入り方がわかるだけで
いい感じで打てると思います。

その入り方で、肩を回してストレート方向に打っておき・・・
肩を回さずに逆クロスアレーにも打つと、相手はええ~~って思ってくれますね。

順クロスの場合もそう。
ストレートに打つ格好で肩を入れておいて、そこから半分?
自分の前の打点を捉えるまでは体を回すけど、それ以上回すとネットや相手のコートに飛びません。
ゴルフみたいに頭をそこに残しておき、コートをみない。
そこからはラケットの仕事になって、ちゃんと仕事をさせてあげれば
いい回転で入ります。そこを信じてあげないとへそを曲げて、回転不足でギリギリや
安定感のない回転量になるんじゃないのかな~??

私は調子が悪い時は、コートを意識しすぎて体が回り過ぎたり、相手のコートを見る形で終わることが多いです・・・(;´д`)トホホ
2009/06/27(Sat) 09:00 | URL  | いんたあニャット #-[ 編集]
ニャットさん♪
これを習ってから、やたらに逆クロスアレーを使っているんだけど、正しいコースに打てるのは、1/3くらいかな。後は普通にクロスに飛んでいく。
肩を回してストレート抜き、ってのは以前からやっていて、得意なのですが、これは距離が長くてかまわないから思いっきり打てるもんね。

順クロスは、そうか~♪
これも、体や肩を回しちゃダメなんだね。逆クロスと同じイメージでいいんだ。引っ張りたくて、ついつい肩を回しているかもしれない。
ちょっと意識を強くして、練習してみます。ボールの右下だけじゃなく、そこを打つため、ですね。

ありがとう~♪
2009/06/27(Sat) 23:23 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック