ストレートロブ
2009年07月01日 (水) | 編集 |
相手に先に並行陣になられた雁行側が、ストレートロブを上げて相手陣形を崩す。
風のあるときは思いっきり高く打っていい。
並行陣側は、抜かれた前衛がカットできたら、相手の真ん中を斜めに返す。
前衛がカットできないときは、なるだけ早く判断して、声かけしてペアに取ってもらう。

チャンスボールの処理:
クロスボールが自分の前、ネットより低く沈んだら、ネットの一番低い所(白帯)を通してクロスアングルに返す。
同じ位置でネットより高い浮き球は、ストレートアレーへフラットで外へ逃げるように。
センター気味の場合は、センターへ相手2人を分断するように打つ。

サービスライン付近に居るのに、決めようとしない。それは繋ぐ。
フラットで打ち込むときは、ネットに思いっきり詰めること。

自分の前に高めに入ったのをクロスアレーへ打ち込むと、ミスしやすい。
多分体がコースを向くからかな?
センターか、ストレートアレーへ打つ。
最初にどこへ打つかとイメージをしっかりする。打つ前に変えないこと。

サービス:
トスアップの後、インパクトまで左手は残す。
今日は、体が開くのが早かったので注意される。
しっかり軸を残す。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック