優雅に前へ出よう
2009年07月07日 (火) | 編集 |
朝起きたら、喉が腫れていた。体もだるいので、午前中は寝ていた。
そのせいか、レッスンで体のキレが悪いし、へたくそだった(普通か)。

アップの後、
アプローチ(クロス)、前へ出てローボレー(クロス)、更に前でチャンスボールのボレー(ストレート)、スマッシュ(ストレート)
これをデュースサイドとバックサイドでやって、次はコースを「ストレート、ストレート、クロス、クロス」にする。
スマッシュで足首の上を打つ。痛い。肩が回ってない。先週のメガホンのレッスンを思い出した。足を打たないように、しっかり肩を回すと、上手くスマッシュが入る。

ローボレーは何故かネットする。
後で聞いたら、腰を落として膝も曲げてないって。膝が立ってるって
もっと落とすんだな

クロス同士で1対1
球出しクロスへ打ったら、前へ詰めていって相手が打つ前に止まりかけて、相手のボールをストレートへボレーする。
サービスラインまで闇雲にダッシュするのではなく、優雅に踊るように出ましょう。
そして、相手が打つ前には止まりかけてスピードを落とし、相手のボールをよく見ましょう。スプリットは飛ぶのではなく、止まりかける雰囲気で。
出会い頭に衝突はなしでね
だから、何が何でもサービスラインじゃない。相手の打つ体勢を見極める。ただし、ファーストボレーしたら、更に前へ詰めていくこと(ロブケアは除く)

雁行陣同士で:
後衛から球出しして、そのまま前へ詰める。相手が打つ前に止まりかけて様子見。相手が打ってきたらボレーで。
沈んだ難しいボールはクロスへストローカー側。
高めに浮いたボールはチャンスボール、前へ詰めてストレートへ打つ。


普通はファーストボレーはクロスだけど、最初からストレートに打てば、攻撃的なテニスができる。相手が思っている通りの動きをしても勝てない。

調子悪いな~。
他の人を見ていると、打ったら見てるな~。
振られたら、振られぱなしだな。打ったら構えて、振られてもすぐ戻る。
これだけで、取れるボールはぐ~んと増えるのにね。

なんだかボレーがアウトしました。
ダメダメダメでした。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック