逆クロスパート3
2009年07月08日 (水) | 編集 |
4名参加。

引き続き逆クロスでショート(サービスボックスコーナー付近)。
アップのショートテニスもクロス同士で逆クロスへ打つ。
コントロール。
テイクバック早く、小さくなって窮屈になっている私。
もっと今より後ろへ引くよう意識する。
ラケットヘッドは下げて、スピンをしっかりかける。
引っ張らない。打ち負ける感じで。
本当に打ち負けてしまう。。。。

ボレー&ストローク:
ストロークは1球目は必ず逆クロスに打つ。フォアはバックハンド、バックはフォアハンド。後は続ける。
ボレー横向くこと。
今日は踏み込み足をしっかり入れて、ボールを面に乗るように運ぶことを自分なりにやってみた。1つ目は上手く行くが、2つ、3つ続くと用意が遅くなる。自分の打ったボールを見るので反応が遅れる。前向いてたらボレーはガシャル。
アンダースピンかかった手元で失速するボールを、足を止めて待ってしまって、前で取るはめになりミスってのが何度も。足を動かして打点に自分から行かねば。

準備遅い~~~~

試合形式:
雁行陣対並行陣(コーチが並行陣前衛)で。
球出しボールを打つ雁行陣後衛、バックにきたら逆クロスに入れることを頭に入れる。
雁行陣側:逆クロスに短く入ったら、ペアの前衛はストレートケア。ストレートに返してきたボールをカットして、相手の真ん中へ打つ。

並行陣側:ショートアレーのボールを打たされてサイドに追い出されているから、ペアは自分の元の位置より、少し下がってセンター寄りになること。超ショートクロスは捨てる。

ゲーム形式:
サーブから初めて1ゲーム勝負。
なんか、やることなすこと上手く行かず、落ち込む。
あ~~~あ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック