ポーチなど、打ち込まれた時にしのぐ
2009年07月15日 (水) | 編集 |
3名。暑い。

コーチ遅刻なので、ジュニアコーチとショートテニス。最初は2人だったから、3角形になって。楽しかった。Mコーチ可愛い♪

コーチ&オクちゃん登場
ボレー&ストローク:
ボレー側は、相手を左右に振りましょう。
アウトするなら、もっとラケットをボールの軌道より高い位置にセットして、押さえる。
高い位置にセットしてもアウトするなら、インパクとした後押していないのかも、止めていると反発で飛んでいく。しっかりボールを面に乗せるようにする。

ボレーの調子がずっと悪いから、「ボールの軌道に軸足から入る」「フォアは軌道にグリップエンドを合わせ、バックは肘を合わせる」と考えるが、強風なのでボールが逃げていく。
足をピタっと止めないようにしないと。そのためには、膝かな?

ストローク側のときも、打ったらすぐ準備。膝を柔らかく使って、テイクバックが小さくならないように気を付ける。
しかし、軟式ボレーで、強打をポトンと勢い殺してボレーされると動けない。
あれは何故だろう。

打ち込まれ、狙われた時に頑張るには
並行陣でボレー対戦をフォア側でする(後衛)。そのボールが浮いたら、前衛がポーチして、センターに打ち込む。

バックサイドからのポーチボールは、二人の真ん中(センターに打たれることが多い)。前衛のバックハンド側アレーに入れられたら、それは仕方ない。
センターを死守する。
そのためには、相手前衛が飛び出してきたら、即座にラケットをフォアで構える。

返すには、相手ボールの軌道上でラケット面を少しだけオープン気味にして当てるだけ(コンチなら自然に空く)。もしくは、余裕があるなら少し押す。絶対に振らないこと。これは意識するしかない。

ボレー戦で自分のペアのボールが沈んだら、ポーチチャンス。思い切って斜め前へ飛び出す。思い切りが重要。パンチボレーもしくは、ポンっと当てる。これまた振らないこと。

ストロークの安全地帯は、相手のクロスサービスボックスコーナーへのコース。だから、底までの範囲はポーチして良い。

サービス:
「サービスがアウトするときは、トスが低くなっている。トスが高く上げれていると、ちゃんと入ってる。トスが低いと、かついだラケットを下げる余裕がないまま、ラケットが上がったまま打ちに行っているから、長くなるし、肩を痛めることにもなる。トスを気をつけて」

終了後は、1人足りないので、ジュニアコーチにお願いして4ゲーム先取の試合。
オクちゃんとペア。取れたのは、自分の最初のサービスゲームのみ。1-4で負け。それも、なんにもできませんでした。左右に振られ、前に落とされ。
攻めていってはミスして自爆。

コーチ「左右にはよく動いてたし、おかしい動きはなかったです。でも、前後を使えていなかった。もっと前後の動きを入れていった方が良い。後は、もっとプレッシャーを与えるような動きをした方が良い」

その後、オクちゃんとシングルスゲーム。
私としては、シングルスのゲームは初めて。4-2で勝ちました♪
ストロークが良かったとのこと。で、前へ詰めるのが早過ぎるとのこと。
確かに、出たら抜かれてた~~~~!
シングルスは、他に誰もいないから、自分が取るしかないので、打ったボールを身守る暇もなく、とっても良い練習になりました。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
田中美絵子 衆院議員 画像 コスプレ 画像 田中美絵子氏 動画 乱歩 写真 フライデー 渋谷来栖 菊池美絵子 離党 小沢一郎 【動画】安達有里 【動...
2009/09/11(Fri) 21:45:50 |  田中美絵子 菊池美絵子 渋谷来栖