皆既日食テニス
2009年07月22日 (水) | 編集 |
皆既日食(正確には部分日食だが)真っ最中のレッスン。
しかしあいにくの曇天。日差しはない。
ざるやら、ピンホールカメラみたいなものとかたくさん持ってきたのになあ。
レッスン開始してしばらくしたら、暗くなってきた。
「雨かしら?」なんて皆で言ってたけど、どうやらあれが日食だったらしい。
なら、太陽を見る努力もしたのに、必死でボレストやってたぞ。

ショートテニス:
なんか変だぞ。遅いぞ。
どうも、最初はいいと思うけど、徐々にまたテイクバックが回してないようです。そのせいで、スピンがかかりにくくなってるらしい。

ボレスト:
とにかく、最近はボレーがさらに悪いので、横向くのと、ラケットを軌道より上に掲げて、体の方へ引くよう気をつけてみたら、あまりミスはしなかった。
やはりバックハンドが、わけのわからないガシャリがある。
その時はいつもコーチは「速く準備して~」と言うので、反応が遅れるのか?

ストローク側の時は、ボールは打つ瞬間の時にジ~っと見るけど、後はもう見ずに相手を見るようにしたら、反応が速くなった。ボレストのストローク側は不利だから、とにかく速くしなくちゃね。

試合形式:
並行陣対雁行陣。
打ち合いの中で、ストレートダウンザラインに正確に打ち込めるコントロールを練習しよう。

コーチが並行の前衛(アドサイド)。コーチは雁行陣フォア側後衛に球出しし、後衛はこれを1本目はクロスへ返す。並行陣はこれをボレー。雁行は、チャンスがあれば前へ出ても良い。で、ストレートへ打てたら、パスを打つ。正確に。ミスしない。アウトしない。
後衛がストレートに打ったら、ペアはセンターケアする。ショートクロスは捨てていい。
チャンスボールが上がったら、前へ詰めて並行陣のセンターを抜く。

並行陣側は、クロスボールとストレートボールを理解して立ち位置を調整。
ロブで抜かれたら、後ろに下がっている方が追いかける。

どうも私はロブをあげる時に、相手をみてしまう。相手を見ると、的になっちゃってロブが低くなる気がする。相手をみないで打ちたい高さと深さを考えよう。

サービス:
トスはそれなりに高く。トスアップした腕をしばし残す。早く引くと体が回る。
サーブはなんだか遅いぞ。。。

タイブレークでの試合:
負けました(10-8)
序盤はペアのミスが多く、後半は私の決めミスでした。
決めミス、減らさないと~
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
クロさん
おはよう~♪
レッスン頑張ってるね^^
2009/07/27(Mon) 10:51 | URL  | wako #-[ 編集]
WAKOさん
あら、ワコさんコメントありがとう。
最近どなたもいらっしゃらないけど、自分の記録として書き続けます。

しかし、夏なのでバテ気味です。
2009/07/29(Wed) 00:13 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック