並行陣の基本はストレートアップで
2009年07月30日 (木) | 編集 |
振替でした。
5名参加。
球出しのストロークはすこぶる調子がいい私。試合でもこうありたいものだ。

アプローチ~サービスライン内でローボレー~前へ詰めてハイボレー(決め)~スマッシュ(決め)
コースはクロス2とストレート2(決めだから短く)か、ストレート2とクロス2。
クロスに打った時は、クロスへ詰めていく。
ストレートに打ったら、相手の位置を見て動く。

並行陣対雁行陣:
クロスへ打ったら下がる(サービスライン前)、ストレートへ打ったら詰める。
ペアがクロスへ打ったら前へ詰める(結構前へ出ても良いかもね)、ペアがストレート打ったら下がる。これが基本形。

しかし、もしペアがクロスに打ちながら詰めていく人なら、仕方ないから自分が下がってるしかない。

もし、ポーチで斜め前へ詰めてそれを返されても、元へ戻らない方が良い。
すでにペアの陣地にいるのだから、ペアにチェンジしてもらい、ロブをとってもらう。

ペアがクロスに打ってる時、出れるなら詰めて斜め前でポーチ。
2人とも下がり気味だと、センターが空きすぎになる。
ストレート側は、詰めるなら結構ドン詰めしたほうがペア側クロスへ向かうボールにでも前で触れるし、プレッシャーになるな。ただし、ロブは抜かれるけど。

チャンスボールのはずのものを追いかける時に、斜め後ろに取りに行かない(私じゃなく)。
相手のボールのコースだけじゃなく、回転までよく吟味すること。

振られたら後の戻りを速く。
とにかく反応を早く。簡単なミスをしない。ネットしたりアウトすると相手が楽。それなら、打っていって決められる方がマシ。

なんだろ?チャンスボールをやはり後ひとつ詰め切れないでネットが多かったな。。。
怖がらず、さささ~~っと詰めていこう。
怖いけど。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック