ポーチされそうなら
2009年08月12日 (水) | 編集 |
お盆だけどレッスン。だけど参加者は師匠と2人。。。
コーチも暑くてだれていて手抜きだったのかな~~~。。。少ないからかな。

ショートテニス:「回してテイクバックができてない時がある」またか~~
これができてないと、脱力~スピンがしにくくなる。と、コントロールがききにくくなるのだ。
で、回すのを大げさにすると、差し込まれるから、色々と言われてきている。

今日は、「テイクバックのため横を向く時に、ラケット面を横に向けて、その状態から後ろへラケットをダウンさせる

大きく回すより、距離が縮まりました

しかし、やっぱコレができていると、打感が全然違うんだよね。スピンがかかっている感じが強くなる。

「真ん中に集めてから、ワイドに。ワイドに追い出してから、センターへ決める。自分がサイドへ追い出されたら、クロスへ。センター深く打たれたら、センターへ。これは、追い込まれた状況では、安全のためネットの一番低い場所を通すため。」これらを踏まえて、相手を振りましょう。

ボレスト:「ストローク側の時は、少し差し込まれている感じがある」
横向けてないかな?準備が遅いかな?回すテイクバックができてないかな?全てです
「もちろん、ストロークでも同じだけど、ボレーの時はグリップを“握らない”で、3本の指で持つ感覚。弾かない。深く返す時は高さで調節」
3本の指でやりました
打点がちゃんとしてないと、弾かれそうになるけど、ちゃんとして横も向けていたら、弾かないさばくボレーができました。
コレはやらないと!
教えてもらっていたけど、
意識するのは忘れてた。で、以前した時は、今日みたいな感じでできなかった。
とっても、イイ感じだった

後から、「浮いたボールを打つ時も3本で力入れないのですか?」と聞くと「コンチのまま。インパクトの瞬間だけ軽く握ってやると、以前やったフラットのパンチボレーと同じ効果があって、強く打てます」とのことでした。なるほど


ポーチの対処:リターンを普通にクロスに返そうと思ってると、コース上に。。居る
しかし、もうフォワードスイングに入ってるから、コースは変えられない。そのままポーチで自分の前のアレーに打たれてジエンド。この対処。

「タイミングを遅らせます。少しタイミングをずらした状態から、ゆっくりしたボールを相手めがけて打ちます。そうすれば、打ち辛い」
「更にタイミングを送らせれば、ストレートにも打てます。」
「同じ状態から、ロブ(高さ重視で)を打っても良い」

しかし、オグちゃんは、とても上手くてタイミング遅らせる暇がない。でも、まあ、やってみよう。

この練習で、師匠のポーチにほとんど出られなかった私。出ようとするとストレートへ。なんとか出ても、遠過ぎる。。
コーチ「ストレートへのフェイントは、1歩ストレート側へ足を踏み出してしまい、その足をキックして反対側へ飛び出す」うう、知ってますが、それでもできまへん。
「動作が遅過ぎる」フェイント早く終えると、ストレート抜かれるんだもん。
師匠うますぎ。

サービス:やっぱ、背中でラケットダウンができていないみたい。
「やろうと思っているのに、思うほどにはダウンできない」
「すぐ斜め上へラケットを担ぎ上げるよりは、下から振り出す方がラケットダウンはしやすい」

でもさ、肩を痛めた時に、この担ぎ方にすればいいよ、って言ってくれたじゃん~

「肩が。。。」
「肩が痛くなるのは、脱力し切れてないまま打つからです」
確かに、下から振り上げても、肩自体は痛く無い。痛いのは打つとき。
また、色々試してみよう。

しかし、コーチ、手抜きちゃう?
で、私に行ったアドバイス全部覚えてないの?
やっぱ、ミソッカスだもんね~~~
ま、がんばろ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック