雁行陣前衛は+思考、並行陣は-思考
2009年08月18日 (火) | 編集 |
1週抜けて、久々。3名参加。
ならしで半分は練習。

ストローク:しっかり横向いて腰で打つように。バックハンドは体の横に打点を。

深くフォアへ、と浅くバックへの球出しの連続を、クロスへ深く入れる。20球入るまで。アタシは20球より多かったぞ~(30くらい)。

ボレー:デッドゾーン~サービスライン~ネット際と徐々に前へ球出し(中ロブ気味)。最初の2つは深く入れる。3つ目はクロスのショートアレーへ。
クロスやって、次はストレートへ。

長いボレーを打つ時は、球出しが高いからラケットは高くセットし、左手を残して体が前向きすぎないようにする。また、テイクバック時に体を横向けすぎると、ラケットを後ろへ引きすぎたり、ラケットを前へ振り出しにくくなるので、半身程度で。インパクト後はラケットを自分の方へ引き寄せる。ボールの横を打つ気持ちで。

バックハンドを何度も失敗したけど、クロスへ打ちたいのに、クロスへ面が向いてなかったかな。横向き過ぎたのかな。後半はなんとかなった。ショートアレーは上手く打てた(コースは見ないようにボールの横を打ち、ラケットを自分のおへそ方向へ引いた)

スマッシュ:決めるスマッシュはサービスライン、繋ぐ?スマッシュは深くエンドライン狙う。打点はそれぞれ違ってくる。決めるスマッシュは打点前にして、インパクト後はスナップ使って打ち込む。

スライススマッシュしたいと申告。ボールの横を打つ気持ちで、サーブと同じように振り抜く?左手を最後まで残して、体が打球方向に向かないように。向いてしまうと長くなる。体が回らないようにすれば、コート内に収まる。

形式練習:雁行陣の前衛の場合、後ろ(ロブ)は後衛が守ってくれる(はず)なので、思い切って攻撃する。ポーチも思いっきり出る。どんどんいっちゃえ。ストレートは抜かれないように。並行陣の時は、2人並ぶのでロブをケアしなくちゃならないので、ストレートアップでクロスはロブケアで。

2名対2名(1名コーチ:後衛でストローク)だけど2名ともベースラインから開始。前へ出る時は早く。考えながら出たら、ストレート抜かれた。ストローカー(後衛)が前へ出る時は深く打つ。特に、強打相手の時は、ロブでもいいから深いボールを入れて、相手を後ろへ追い出してから前へ出るように。闇雲にでると餌食になる。

私は、前衛役の時はポーチを頑張りましたが、相手がコーチだったので思いっきり出過ぎて、ポーチ成功したらいつもコートの外へ走り抜けてしまい、「ポーチ後も自分で打つ!コートの外へ出ないで戻ること」と注意されました。
いや~~、走り出したら止まりませんがな。

後、一つ打った後、下がってしまわないで前へ詰めて攻める。下がってしまうと、またボールが来た時に下がりながら打つのでミスする。
そうなの、下がりながら打っちゃうの。これ、ダメですね。
あと、ポーチ。まだまだ斜め前ができなかったりするよ。意識し続けよう。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック