スライスへの対処
2009年08月19日 (水) | 編集 |
久々に4名。隣ではチビさんレッスン。

ショートテニス:「バウンドに合わせてテイクバックしてるから、遅れる
これ、よく言われてるけど、テイクバック早くしてるのにな~と思って。
フォアかバックか分かったら、テイクバックを即座に終わらせる、ということ。
多分、私は体の捻りまではすぐやるんだけど、ラケットダウンまではバウンドに合わせているのかも(自分ではやってるつもりだけど、違う)。
テイクバック(ラケットダウンまで)終わらせておいて、ボールを待つ。

ネットする時に、自分では「ボールを押せてない」と感じる。
それは、テイクバックしたときにラケットが背中側に回っちゃうから。いつも通りに、後ろへ引くこと。グリップエンドを打球方向へ。回っちゃうと、打点までが遠くなる。
もしくは、ボールが近くなりすぎて(横向けてなかったり)、肘が窮屈になって押せなかったり。窮屈な時は、体を後ろへ持って行く。脇は空ける。

振られた時に(最近コーチは私をショートテニス時に大きく振る)、体が開くのが早くなる。多分、打つコースを見たいんだと思う。でも、体が回っちゃうと、コントロールが悪くなるし、ネットする。左手を残して、体が回るのを阻止すれば良いかな。

スライスへの対処:スライスには2種類ある。あまり跳ねずに滑るスライスと、ふわっとその場で止まって上へ跳ねるスライス。それぞれ、スイングの速度やアタリで違うのかな?
止まるスライスは自分の思うように打てるでしょう、と。
滑ってくる速いスライスの場合に、慌てて振ってしまわない。
とにかく、テイクバックを(用意を)速く終わらせる
滑るスライスは伸びてくるから、慌てずにボールを呼び込む事。
低く跳ねないのは、肘を高めにあげてフィニッシュすることで持ち上げられる。

対応が遅れた場合、慌てて振ってしまいがちだが、コントロールが利かなくなる。逆にゆっくりストロークして、ロブで返したり、ゆっくりボールを打つ。
ラケットをしならせること。そのためには脱力。そのためには「握らないこと
指先でグリップを持つ感じ。最初から最後まで握らない。
脱力する事で「乗せる」感覚のスピン。しっかり振り切る。
スイングスピードを上げれば、速くて長いボール。ゆっくりストロークすれば、緩くて短く落ちるボールとなる。

自分で球出しして、この感覚を確かめる。

コーチとラリー(その他の生徒は生徒同士でラリー)して、コーチはスライスを打つので対応する。コーチは、さまざまなスライスを打ってくるが、いきなり速くなると、やっぱ慌てるぞ。「テイクバックが遅い、遅いよ~~」「遅い!!」と叱咤される。
速くしてるのに、遅い。。。遅いのだね(涙)練習しなくては。
テイクバックさえ早く、速くできれば、どんなスライスにでも対処できる。
速いと言われるテイクバック、もっと速くなのね。。。

サービス:もう肩を気にした担ぎ上げは、ちょっとやめた。それなりに振り上げても、そんなに痛く無いし。担いだ時のラケットダウンと脱力が命。後はトス。
トスが前でないと、肩も痛いし、ボールもよくない。
しかし、まだまだサービスの勘は戻らない。。。狙えないもんね。
まずはスピードアップだな。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
スライスにはスライス。。。
そういう対処をしているてにままにとって
テイクバックが遅れる・・という感覚がありません。

スライスを打つにはテイクバックはほとんど必要ないのでは?
ボレー感覚で打ってますから(笑)

スライスに頼りすぎて、いざドライブ(スピン)打とうとしたときに
テイクバックが遅れてしまう。。。^_^;
これは反省点が多々です。

2009/08/20(Thu) 02:27 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
クロさん
遊びに来たよ^^
テニス 変わらず 意味不明ですが 笑
スライスにスピン!!オーライ♪
2009/08/21(Fri) 00:03 | URL  | wako #-[ 編集]
てにまま♪
スライスにはスライス、ですよね。
それでも、テイクバックは必要です。しっかり押してやる事でボールの伸びが出る。

今日のレッスンはスピンで返す。
バウンド後にグググ~~っと低空飛行のまま伸びてくるスライスは難しいです。
2009/08/21(Fri) 00:29 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
ワコさん
スライスにスピンって、他にあるかな?
スライスは~、お刺身をスライス。
スピンは、スッピンはみせたくない~♪

なーんちゃって。。。

実は、下手くそでちょっぴり落ち込み中。
2009/08/21(Fri) 00:30 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック