スピン
2009年08月26日 (水) | 編集 |
3名(後からゲームできないぞ)

ショートテニスはクロスで。
クロスでコーチとやると、やたら振られるんだよね。。。
振られると私の悪い癖が出るので

すなわち;バウンドに合わせてテイクバックしてる(相手が面を作ったら、もうテイクバックしておくこと)。ラケットを十分にダウンしておく。テイクバックが小さくならないように。横向きになる。体が開かないように我慢。後ろにラケットを引くこと。背中側に回さない。


毎回言われること。

しかし、今日、何故背中に回るのか理解した。
肩を入れすぎるのだ(つまり、体を捻りすぎる)。左手でラケットを横に押し出した状態で捻りは完了で良いのに、まだ捻っちゃう。先のタイミングでラケットが後方にテイクバックされているので、そこから更に捻ると、当然ラケットは体側後ろじゃなく、背中側に行ってしまう。これを防止するには、やっぱ、打球方向にグリップエンドを向けるように注意しよう。
また、私はテイクバックして肘を曲げた状態にしておくために、多少力が抜け切らないで入ってしまう。肘と手首が連動しちゃダメ。肘は曲げて、グリップはゆるゆるに

今日はスピン(ってか、最近ずっとスピン):受けていて、軽く感じるボール、重くて滑ってくるように感じるボールがある。重いボールを打ちましょう。重いボールは回転数が多く、バウンド時に滑る(ボールの跡が線になる)。

グリップはぐらぐら。親指、人差し指で。残りの指はグリップに添えておく(これにより、ラケットがぐらんぐらんしなくなる)。手のひらには指1本入るように。これでテイクバックしてラケットダウンで脱力。ボールを長く乗せる。速くスイングするとボールは速くなるが、回転数は減る(ボールが面に乗る時間が短くなる)。ゆっくりスイングすると乗る時間が長くなる。打点は前で、インパクト後はボールを押し上げる。押す、というのではなく、押し上げてやる。肘は目線くらいまであがる。ボールの軌道は高く。これで、ボールは高く弾む。
差し込まれたら、ナダルみたいに、打点を前に取るため自分が下がって体の右側でボールを押し上げる。

長く押すには、横向く。前向いたままではテイクバック~打点までが短い。オープンスタンスだとしても、つま先を横向けて腰を横向けること。

ボレーも長く乗せるボレーを打つには、グリップは緩めて、体を横向ける。横向けることにより、時間が生まれる。

ボレー&ストロークをストレートで:
準備は速く。早く準備することで、相手のボールを待てるし、差し込まれても、テイクバックした状態でゆっくりストロークしながら面調節してロブなど自在に操れる。
これはボレーもストロークも同じ。
打ったボールを見ない。見てると反応が遅れるのだ。
ゆるゆるグリップで、相手が打つ時に横向いてラケットセットして、押し出す。「人差し指入りの小指切れ」を実践。なかなかイイ感じ。
横向きが一番大事だな。その前に準備が早いのは前提条件。

とにかく、ラケットが背中側まで回らないように。後ろへ引いて、そのままボールを引き込む。テイクバックしたときに、脇が最低手のひら分は空くように。詰まると絶対にダメ。

サービス:何故か肩が痛くない私は、絶好調。
ターゲットテニスで、センターにおいてあるボールピラミッド。当たりました。
しかも、センターから打ったサーブで。
ちょっとシングルスを意識してます。
「トスが一番大事」これは思う。トスは絶対右前に。頭の上や後ろのときは絶対に打たないように。肩を痛めるよ。

終わってからアイちゃんと、ボレスト。
その後6ゲーム先取のシングルスをしました。
6-0で勝ち
とってもイメージができて、よいテニスができたな~♪
今日は調子が良かった
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック