バックハンドでチャンスボール叩き込み
2009年09月08日 (火) | 編集 |
5人
アップ(ミニテニス、ボレボレ、ストローク6~アプローチ1)

いボールでラリーする練習:深いボール対深いボールなので、ベースラインより1mほど後ろにステイして対応する。ロブになってもいいから、エンドラインに落ちるようなボールでラリーする。フォアはトップスピンロブ気味で。バックハンドはちょいアウトしたり短かったりで安定しなかったので、膝をクッションにしてみたら上手くいった。膝で押し出す感じ。ロブのままやん。。。
速くなくてもいいから、深いボール。跳ねるといいね。

ロングストロークしてたら急に相手ボールが短くなったときの対処
:常に前へ行くつもりの意識を持つ。気持ちよく打ってないで、相手のボールを予想する。
何球かコーチが球出し、ある時点でショートのボールを打つので、走って打つ。すべてセンターのサービスラインを狙う。

デッドゾーンで繋ぎのボレーを打ってから、前へダッシュ。サービスラインでスプリットしてから更にネット際に詰めてチャンスボールをアングルに打ち、次に下がりながらのスマッシュ。スプリットした時に「ベタッ」と止まってしまわないこと。前へステップするためにきっかけくらいのつもりで。

バックハンドで逆クロスのアレーへ叩き込む打ち方の練習
素振り
ラケットを顔の横に立てて準備
そのラケットをぐり~~~~んと頭の後ろで回して(ヘヤピンカーブのように)、回した反動で左手をかぶせて打ち込む。回すことで遠心力、反動ができて非力でもボールを跳ねさせることができる、らしい。

体が前向いてたらできない。打点と、タイミングが全て。
ボールの上半分を押さえ込んでぶちかます感じ。
そこから逆方向のクロスへのうち替えは構えができているから楽にできる。この時もキッチリ打ち込むこと。緩く打とうとするとミスする。
ネット付近にあがったチャンスボールに使うこと。後ろだと、ネットしてしまう。

左肩甲骨付近が痛い~。

並行陣対雁行陣;
私はフォアは速く準備できているけど、バックが遅い。
自分で思っているよりもっと早く準備してみて、と。
「待てる」感覚を求めるため、遅くなってしまったかな。。。
ボレーはもっと積極的に前へでて取ること。ハーフボレーで処理するにしても、真横へ動いたらダメ。斜め前へ出て取るように。

Iさんとセンターのボールがかち合う。。声かけもないけど、クロスの私に飛んでくるボールを私と同じ位置で待機して、そのまま真横へ取りにくるから、クロスで打とうとしている私とぶつかる。あれだめね。私も、斜め前へ出て行かなくては。。。


ポーチの狙い場所は。。。
   前衛の足元!
    努力します。
コメント
この記事へのコメント
右肩 大丈夫ですか?
無理しないで  頑張ってね!
2009/09/09(Wed) 10:14 | URL  | wako #-[ 編集]
WAKOさん
ありがとう。
右肩は痛くなったり、良くなったりの繰り返し。今は右膝がとうとうキテしまってます。
左肩甲骨は使ってない筋肉の筋肉痛。
まったく、イイ年なのに笑っちゃいます♪
2009/09/12(Sat) 02:33 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック