体幹使う(Mコーチ)
2009年09月16日 (水) | 編集 |
MYコーチが急に不在。急遽ジュニアコーチ。久しぶり。

ショートテニス

体幹を使いましょう~♪

手出しでポトンのボール、手首だけで打つ。肘から先だけで打つ。肩から先で打つ。体全体を使って打つ。更に足を踏みしめて打つ。

すべて総合して打つのが○。
体幹を使って、腕は忘れて打つべし。腕はおまけでついてくる。
足は肩幅程度開き、大地を踏みしめて、大地をキックして(そんな感じで)打つ。
差し込まれた時は軸足荷重でいいけど、普通は両足。前へ流れるのはダメ、バランスを保つ。打点は前。

バックハンドはグリップがおへそを向くくらいのイメージ。おへその延長線上にグリップエンドが。前の足が体回るのを邪魔する、というと、後ろ足を返せばいいんです、と。
後ろの足の裏をみせる感じにすれば、前の足の位置がどうであろうが体を回せる。
頭は動かさない。

これを踏まえての、クロスラリー。
コーチのボールはキックするから打ちにくい。特にバックだと打ちにくい。
力が入らない、へなちょこでロブ気味にしか返せないと思った時は、打点が後ろになっている 打点を前でキープすると、ボールが押せる分だけしっかり返すことができる。コーチ曰く「腰を使って打とうとしているのが、すごく感じられるから、そのままでいいです」とのこと。打点前は正解。

前衛が入って、後衛はクロスラリーを続け、前衛は甘くなったらポーチ。
後衛はポーチ来そうなら高いストローク、ショートクロスのストローク。
決めのポーチはフラットで叩き込むようにしないと、返されてピンチだ(と思う)

サービス:
これも同じく体幹使って。打点は前過ぎず、後ろ過ぎず。ボールを打つパワーは体(膝、腰、肩)から、腕はおまけでついてくるように。
「腕のことは忘れてくださいよ~」と。
腕に意識が行くと、しなったサーブが打てない。サーブは上から振り下ろすのではなく、空へ打ち上げる感じで打つこと。
最近の私のサーブは安定しない。何故かな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック