早く構える、ボレー振らない
2009年09月22日 (火) | 編集 |
連休中はテニスなかった上、昨夜から寝てばかり。体力が心配。

タッチボレーしようと思うがうまくいかず。
アップのストロークでは、体幹を気にして地面を蹴って、バックハンドは軸足を返して、っと。

アプローチ~ローボレー(フォア&バック)~下がってスマッシュ~チャンスボールをスマッシュ
 このセットを全てサービスラインセンターTマーク
         クロスアレー
         逆クロスアレー

ボレーはとにかく、打つ時にコースを見ない。コースは打つ前に確認。
振らないで足でボールを運ぶ。テイクバックはコンパクトを気にした。
ボールよりラケットを下から入れてしまうと、ボールが浮くな。

2対3のボレー対ボレー:クロスへ球出し。
以前やりましたね。とにかくすぐにボールが返ってくるので、自分の打ったボールは見ないで次に備えること。決める時は前へ詰めて。他の人の前のボールを取りたいなら、うんと前で取る。3人の時はともかく、2人の時は並行陣なので、やはり立ち位置が微妙。
トラウマがあって、悩む。ボールが自分のクロスにあるのかストレートにあるのか。ワイドに送ったか。ペアはピンチか、追い出されたか。

並行陣対雁行陣:
並行陣から雁行後衛へ球出しで、雁行後衛は打ったら前へ出てくる。相手が打つ前は止まりかけること。止まるタイミングが遅れると、慌てて対応することになる。自分の打ったボールじゃなく、相手を見る。
短くクロスへ打ったら、短く返ってくる。深く打ったらロブが来る。
速いボールで上がると、早くボールが返ってくるので苦しい。

雁行対雁行:
雁行後衛から球出し、ラリーしてもいいから、出られそうなボールを打って前へ出て並行陣になる。上がりかけを注意。相手を見て打つ前は止まろうとして、次のボールを予測する。

私は上がり端でやられている(試合で)、上がり方をもっと考えること。

チャンスボールは前へ詰めて、振らないこと。
「決めてやろう」と思うのか?みんなテイクバックは大きくなり、ブンブン振る。その結果アウト。コンパクトにスッと打つべし。決めはラケットを縦に使いましょう。

あ~~~相変わらず、全然だめな私。
何度言われても、振っちゃうし振りかぶっちゃうし、見ちゃうし遅いし。
いやになってきました。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック