トップスピン
2009年09月23日 (水) | 編集 |
休日でお休み多し。1人か?と思ったけど2人。

そのせいか?動かないでレッスンでした。
ひたすらスピンの練習~~。
Oさんは、どちらかというとナチュラルにスライスか、ドライブで打点遅れ気味。グリップは薄め、だったので徹底的に直されてた~。

私は確認。
しかし、Mコーチだとトップスピンはアタリが難しいから、フラットドライブを覚えた方がいいというので、それでほとんどやってたんだけどね。
それはインパクトでボールを押す。押して自然に脱力。

Iコーチの今日のスピンは、押さないの。
打点は前。
グリップは厚め。
インパクトの瞬間から、壁を塗るようにラケットを上へあげて~自然に脱力してスイング。
手首を使わないこと。力はいれないこと。終始脱力


ボールの高さは、肘の高さで調節。
ラケットはダウン。ラケット面を縦に使う。そのためには、円を描いてテイクバック。
テイクバックからインパクトまで、膝をクッションで使う。

サービスラインから相手のサービスボックスに入れる。スイングスピードを速くする必要はない。ゆっくりでいいから、脱力。

サービスライン1m後ろから
デッドゾーンから

同じく相手のサービスボックス内へ。
遠くなったら、スイングスピードを上げてみたり、肘で高さをだしたりして試す。
相手の足元に落とすボールを打つ。

これをクロス、逆クロスにて。
逆クロスは打点が遅れてもいいけど、クロスはスピンが打点前なのに、更に前で打たないとクロスへ飛ばないので難しい。ストレートの打点で打ってしまうと、クロスへ引っ張ってしまうことになる(ラケット横振り)。思ったより更に前で打つべし。

以前同じことを習ったけど、もう一度習うと新鮮で、確実な習得が出来る。
脱力の感覚がわかったので、自然にラケットが体の前でくるっとまわる。
アタリはカシュっと軽い。

ただし、後でOさんと打ち合いすると、ついついボールを押してしまったり、横振りしたり。やはり、生きたボールだと難しくて100%とはいかない。

サービスも同じく、脱力して、ラケットを背中側で落とせると回転をかけられる。
レッスン中はサービスは調子良かった。。。。
背中側で完璧に脱力してくるんと回さないと、私は肩が痛くなる。
かなりシビアなのだ~。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック