風上、風下
2009年09月28日 (月) | 編集 |
月曜だけど、メールで生徒とお話しして、今日行くことに。暇だもん。

風が吹いている。ということはIコーチ定番(定番過ぎる?)の風上、風下講座。
風を考慮に入れると勝てる試合が増える、とのこと。

風上からは、普通に打っても威力がプラスされる。
だから、思いっきりスピンかけて、相手のバックに入れるように。すると、バウンドが高くはねていくから打ちにくく、風下ということもあり短いボールが返ってくる。
風の分が長くなりがちなので、とにかく脱力をきちんとして回転を多く。これはロブも同じ。

脱力は、グリップのつかみ方。以前にやったけど、人差し指(斜めにのばしてグリップかける)と親指のみ。のこり3本は、グリップ飛ばないように置いとくだけ。
これで、ラケットの重みを感じて、ラケットを下げて、インパクト後押さずに上へあげていく。高さは、肘で調整する。

相手のボールは「来ない」から、そのぶん考慮する。

風下からは、トップスピンよりもフラットドライブであたりを多くして、ボールを押す。ネット上2mくらい上にボールを通す気持ちで。
相手に「来ない」ボールを送るのもいい(無回転とか、スライスとか)。

ボレー対ストロークをストレートで。(風上、風下ともにやる)
1球はボレー(前衛)に対して、ストレートでバックハンドになるように、パッシングというよりも、足元に落ちるボールを打つ。そのためには回転で、ゆっくりスイングする。
速いボールだと合わせられる。ゆっくりして足元に沈むと、相手はタイミングをとるのが難しく、「打たされて」しまう。

2球目はストレートロブで抜く。とられても、バックハンドになるようにロブを打つ。フォアなら打ち込まれるが、バックハンドなら怖くない。スピンロブ、スライスロブどちらにしても、脱力する。テイクバックで力が入っている時点でアウト。

ボレーの時は、今はとにかくテイクバックを小さくするよう頑張ってる。そして、体の前でボールをさばくように。横向いて、後ろの肩より後ろには引かないように(つい、大きくなるのだ)そして、ボールはなるべく引きつけて脱力で押し出す。バックボレーは褒められた。「ボールをしっかり乗せられている」って。その感覚は分かる。
アタルだけのときと、押し出して乗せて自分のボールとして送っているときの違い。
どうしたら違うのかがまだ不明。横向きにヒントがある。

ストロークのときは、ボレーの方が有利だから、早く用意しなくてはいけない。
しかし、横をしっかり向けていれば(腰がネットに垂直ぎみ)、思ったよりもボールを呼び込める(待てる)。もう振れないんじゃないか、って思ったより、更に1秒は待てる。
そして、待った方がしっかり振り切れる。

焦った時は、自分の打点より前で打たされて、体も前を向いているのでスイングができないそうだ。思い当たるな。

そういえば、ショートテニスのとき、今日はコーチ対生徒2だったから、三角になったんだけど、バックサイドの時に逆クロスを打つと、差し込まれてスピンを打ちにくかった。フォアはそんなことはない。ボールの軌道のせいだと思い当たったが、聞いてみた。

やはり、ボールの軌道は自分方向へ来るわけだから、その横に入るように。
「回り込むのですか?」「回り込んでいる暇はないでしょう?」確かに。
とっとと、ボールから(自分の打点がキープできる距離)離れること。私は近過ぎる。

というところでにわか雨(豪雨)で、レッスンは1時間ちょいで終わっちゃった。
しばらくクラブハウスでサフィナ観戦してたら、晴れて来たので、Jさんと打ち合った。
風下側にいたので、差し込まれる。思いっきり後ろに下がってから、自分の打点まで前へ詰めるようにするとちゃんと打てるけど、しんどい~。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック