ファーストボレーはストレート
2009年11月24日 (火) | 編集 |
レギュラーは2名のみ。振替2名。下のクラスからなので続かない。

ボレー練習:アプローチで前へ~サービスライン内でスプリット、ローボレー(フォアハンドで)6本クロス深くへ。打ったらニュートラルに戻る(ロブケア)。7本目はスマッシュ(ストレート)。
次はバックハンドでアプローチ、バックハンドでボレー。

ローボレー打ったら、相手はロブを上げてくるから必ずケア。ローボレーは前で取るとネットするから引きつけて、足で運ぶ。

アプローチから1stボレー:前へ詰めて相手が打つ前にスプリット。これをファーストボレーでクロスへ一応返すのは普通。相手も予測してる。このままラリーを続けると、ストローク側が有利になってしまう。いきなりストレートへもって行こう。相手は準備してないかもしれない。ただし、浮き球を送っては餌食になるから、ネットすれすれで相手の嫌なところへボールを送る。

コーチがフォアサイド後衛で球出し~これをアプローチでクロス~そのまま前に出て返ってきたボール(どんなボールでも)ストレートへ打つ。この流れの練習。
低ければ低く、高ければ打ち込み。

コーチの位置はそのまま。コーチ側前衛に生徒(マトになる)。相手は雁行で始める。
コーチから球出しをアプローチして前へ。すべてのボールを前衛(アドサイド)に打つ。フォアサイド(コーチ側)へは打ってはダメ。アドサイドで決める。

チャンスボールと思ったら、自分が思うより2歩前へ出よう。
コーチ側前衛に居る時は、マトになるんだからコーチがどこへストロークを打つか、観察して次に備えよう。ストレートならセンターケア。クロスなら、打ってくるよ。浮き球ならブロック。

試合形式:コーチがマトの前衛になり、コーチ側に生徒が後衛ストローク。前へ出ていい。
相手は並行陣でコーチ側後衛への球出しでスタート。
センターが抜けて見えるのは、「2人が下がっている」かストレート側がワイドへ寄りすぎてる。相手がロブか打ってくるかを見極める。
クロス側はロブが抜けないようにする。

まだまだチャンスボールへの詰めが甘い。
今日はスマッシュ調子良かった。
早く反応し、後ろに下がってボールを取ろうとしない。常に前で取ろう。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック