軸足からボールの後ろへ
2009年12月02日 (水) | 編集 |
振替ありで6名参加。良い天気。

ショートテニス:テイクバック早く。軸足を横へ踏み出した時点で、テイクバックは終了しておかなければならない。フォアもバックも同じこと。だからといって、テイクバックが小さくなっては、押し出せないので、注意。
Hさんに言われたように、直線的なテイクバックはしないように注意した。
テイクバック早く終了して、ボールを待つ、引き込む。
地面を両足で踏みつけて蹴り上げる。

ボレー&ストローク:ストロークは打ったら、見とれないですぐに準備。フォロースルしたら左手でグリップもって準備、相手のストローク、フォアかバックか分かったら即座にテイクバックして、横向きで待つ。

ボレーがメタメタだった。もっと横向いて。ボールを迎えに行っている。バックハンドボレーはもっと肩を相手に見せる感じで呼び込む。乗せる感覚大事。
でも、つい前向いたり、コースみたり、ガシャルガシャル。。。全然だ。

アプローチから並行陣になり、相手は雁行陣(隙を見て並行陣になっていい)でゲーム形式。
アプローチボールは色んなのが出るから、前へ出れるようなアプローチを。
私は、短いスライスボールとか、深いスライスボールとか、山なりのスピンとか、色々。
前へ出たら、ワイドを注意。

ペア前衛は、後衛が出てきたら少し下がってロブケア。


雁行陣側は攻められている(相手並行陣)なので、相手の陣形を崩すよう配球。


ちょっとまた、スキップする癖がでてきている。
注意しなくては。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック