コースは最初に決めておく
2009年12月08日 (火) | 編集 |
かいつまんで。

雁行陣同士、一方前衛コーチで球出しを短く
相手後衛はこれをアプローチして、前へ出て行く。
アプローチをどこへ打つか(センター、前衛よりセンター、後衛よりセンター、ワイド、ロブ)、次に帰ってきたボールをどこへボレーするか、までをイメージしておく。
ラリーになったら、考えている余裕はないけど、最初は考えておいた方が落ち着いてやれる。

私は、アプローチは空いてればセンターに沈むボール、次を前衛。
前衛のおへそに緩いボールを試したけど、好きに打たれた。

並行陣対雁行陣(からのスタート、こちらもあがっていく)
並行陣クロスから雁行後衛へ球出し:後衛は組み立てておく。
並行陣側のとき、クロスに球出しするから、先週Yさんにいわれた通り、センターよりに守る。ワイドは捨てる。
クロス側後衛と自分を一直線に結ぶ位置に立った。
ここだと、相手のボレーは楽にとれる。

同じような感じで試合形式。
最初は雁行同士。後衛が球出しし、相手後衛はこれを短く打って相手を前へおびき寄せて、自分も前へ出る。
私は、スライスで短くってのを練習した(なかなか滑らないなあ)。。
相手が前へ出ることのみ集中している時はロブを上げてみた。

打ちごろボールは前衛へ振った。
低いボールはクロスへ返した。
振ることがなかなかできなかったかもしれない。

私は相変わらず、チャンスボールにできるボールを待ってしまって普通のボールにしてしまうか、前へ出るのが足りないままチャンスボールとして処理をして、アウトしてしまうか、コントロールが悪くなる。

後は、決めようとしても人の居るところへ打ってしまう。
だから、決まらない。

思いっきり打った後は、すぐに構えられない。

なんだかな~~~。。。

前へ詰めても相手が打つちょい前にスプリットステップ。
両足で着地しないこと。前体重ですぐ動き出せるように。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック