スマッシュしてたら詰める
2009年12月15日 (火) | 編集 |
5名。

アップ。
片方サイドから3本球出し(端~真ん中~逆端と走る)、コースはクロスのみ。次、ストレートのみ。次サイド変えて。同じくバックハンドで回り込んで。
ストロークで前へつんのめないように、腰で打つ。後ろ足を返す。私は、即座にグリップエンドを打つ方向へ向けるように注意した。ちょいスイングスピードも上げてみる。

スライスロブでアプローチ(ストレート深く)~サービスライン辺りへのロブをスマッシュ~前へ詰めてチャンスボールをクロスアレー:スライスロブは回転かけてバウンド後に真上へ跳ねるように。スマッシュは、ラケットをサーブのように下げるようにしたら、また打てるようになった。チャンスボールは鋭角だから、体が開かないように、体へラケットを引きつけるようにした。足は水曜に言われたように、先に足を決めてから打った。

並行陣対後ろ並行;
並行陣側から、ストレート球出し。これを後ろ並行の人がスライスロブ打ちながら、二人とも前へ詰めて行く。相手が打つ前にスプリット。返球したら、レディでスプリットしながら、前へ移動。
並行陣側は、相手がロブだと分かっているから、下がってコレをとるが、スマッシュを打つ。
下がりながらのスマッシュは、遠くへ打つつもりで打つ(ジャンピングでいい)。

ペア(スマッシュ打たない側)は、ペアの打ち方に応じて、動きを変える。
ペアのボールが、サービスラインより後ろで、それなりに打ち込めそう、相手足元にいきそうなら、センターライン付近ネット近くまで詰める。

詰めるタイミングはペアがスマッシュ打つ前。打つ時じゃ遅い。

また、スマッシュがサービスライン内だったり、サービスラインより下がっていたとしても、ハイボレーやバックだったり、十分な体勢でのスマッシュじゃなくて甘くなりそうなら、ネットまで積めない。
危ないから。

で、前衛はセンター詰めているから、ペアはスマッシュをストレートつまり相手前衛に打つ。これはコントロール重視。足元ならどこでもいい。浮かないように(相手の絶好球になる)。強打の必要なし。

相手が低い体制で打つように。

この後のボールが浮いたら、詰めた前衛が斜め前へ出て決める


<コーチに聞いた>
人の居るところに打ってしまうのは、

最初から決めるコースのイメージがない。打つ前に、狙うコースを決めておく。見ない。

詰め方が甘くて後すぎる。前にいると角度付けやすい。


後から前に詰めてボレー戦になったら、一球ずつ前に進まないと駄目
中間位置でとまったままでいない。
多分これはスプリットいれたら良いんちゃうかな。


スマッシュ受けは、体勢もラケットも低くして、インパクトで面をかぶせるように押す。手首は固定してこねないこと面は作ったままにして、腕とラケット一体でかぶせていくと浮かない。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック