2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

右手右足、左手左足 

2009.12/16 (Wed)
3名なので、少ない。寒いよ~

ショートテニス:右手右足、左手左足の課題。
バックハンドが遅いので、はやくする。ミスする時は、グリップエンドが打つ方向向いてなくて、半分の位置(グリップエンドは自分の体向いてる)にあるから、距離がなくて待てないし、押せない。
はやく準備終了すること。そして、我慢する。焦らない。

フォアハンドはできてきている。課題だった体が開くのを抑えられた。体はそのままで振り抜く。

ボレー&ストローク
スライスおやじの滑るボレーは取りにくい。はやく準備しなくてはダメだ。で、差し込まれたからと焦って打つとボールが浮くので、我慢してタメて打点遅らせても、体を後ろにすることで打点前をキープし振り抜くと、浮かないボールが打てる。

打ったボールを見ている時にテイクバックが遅れる。打ったボールは見ない。コースは最初に決めたら見ない。

ボレーのとき(特にバックハンド)ミスするのは、ストロークと同じ。ボールを迎えに行っている。セットはボールの上、ボールの横へ入る。
押してボールを乗せることができると、いいボレーになる。
とにかく、打ったらレディ。打ったら、スプリット。打ったら左手。

ボレーのグリップでラリー
サービスライン上あたりでのラリー。
ボールの長さに合わせて、ボレー、ハーフボレー、ストローク打ち分ける。
ポイントは右手右足、左手左足。プラス、準備はやく。
はやく準備することで、待つ。待てたら、判断できる。余裕できる。

このボレーのグリップでってのがミソ。
実際のプレイ中に生きてくる。小技が使えるようになるよ。
みっちり1時間はやったかな?


チャンスボールのミスをまた聞く
チャンスボールはラケットを厚く持って握るボレーで(パンチ)。これが一番ミスが少ない。縦に使おう。
そのためにはチャンスボールであるという判断と、詰め。そして、打つコースをもっと早く決めなくては。かっこよくスライスボレーで決めようとしても私には無理だ。

滑るスライスは、面に長く乗せる、って言うけど、それが分からないからきいたんだけどね~。でも、レッスン後にスライスでラリーしたら、滑ってくるって言われたから、あれでいいのだろう。

サービス
やはり脱力して振り抜けたら(左脇まで)すごくボールが曲る。
「あれだけ曲ったら相手はとりにくい」、とコーチ。
今度は、スピードガンでサービススピードを測るらしい。嫌だわ~。。

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:43 |  基礎レッスン  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |