右手右足続き
2009年12月23日 (水) | 編集 |
右手右足、左手左足の続き
ショートテニス:
テイクバックが小さくなると窮屈になる。回してテイクバックで後方へ引くのだが、回したところで下げてしまうと小さいの。ちょっと後ろへ引く。スピンだから、当たった後に擦り上げる感覚。高さは肘を上げて調節。
バックハンドがテイクバック遅かったり、小さかったり、待ちきれなかったり。
小さい時は、ボールとの距離が近過ぎる。
待ちきれないのを直すには、軸足(バックだと左足)の膝を曲げて体重を乗せ、ボールを引きつける。棒立ちだと待てない。膝を曲げてクッションするとラケットも引けるし、ボールも呼び込める。

もっと左足を曲げてじっくりボールを待って、脱力してボールを打って振り切る。
振られて体を横向く暇がなくても、グリップエンドだけでも打つ方向に向ける(手首)。

ボレーボレー:
軸足でじっくり待つ練習。ロングボレーで。長いボレーを打つ場合は、ボールをひきつけて長くボールを面にのせて、運ぶ。
短くなるのは、引けてない。
ストロークもボレーも同じ!
懐は深く、脱力する。
サービスライン少し後ろに立ち、お互いボレー。
ボールの軌道に入ること。入ったら、軸足でじっくり呼び込む」
ボールの軌道に入るってことは、ボールの横に自分を置くことだよね。

足が逆にならないように。オープンスタンスで構わない。

ボレー&ストローク:
自分の打ったボールに見ほれてはダメ。打ったら構える、打ったら構える。ストローク側は、準備早くしっかりテイクバックして。特にバックハンドは、軸足注意。膝膝! ボールに追いついて、膝を曲げて待って脱力~。
別に伸び上がってもいい。
ボレーでは(特にバック)、半分しか引けてない時にミスする。インパクトまでの距離が出ないから。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック