前後に動かそう
2010年01月12日 (火) | 編集 |
5名参加。

アップ。


サービスラインのサイド一列、サイド~センター~逆サイドと走ってボレーをクロスやら逆クロスやら深く運ぶ。面を決めてフォロースルーで運ぶ。手で打たない。足で運ぶ。

アプローチ深くクロス~サービスラインまで出てネット際クロスアレーへドロップ。


ストロークラリーから、相手が前へ出てこないとか、後ろいっぱいに追いやられて、体勢が下がっているとか思ったら、前へドロップショット。
ドロップは決まらなくていい。ネットを超えること。高くてもいい。ちょっと長くなってサービスラインまで跳ねたっていい。相手を前へおびき寄せる。追いつかれたら、それを予測して(やっと追いついた場合はロブだからサービスラインより少し後ろ、十分に追いついてたらショートクロスとか色々ありだから前へ詰める)、今度はその人の頭上にロブ。

このロブを相手ペアが下がって追いついて返したなら、今度は相手ペアの前にドロップ。そして、繰り返す。


前後に動かすことで相手を疲れさせる。序盤でこれをやっておけば、後で効いてくる。


ラリー中、アプローチから、前へ出て行く。打った人が出て行って、その人のペアは合わせて出て行く。先に出られた相手は、相手が上がってきたなと思ったら、後ろにいないで上がって行く。上がったら相手が打つ前に止まりかけてコース予測。

相手が先に上がってきてドロップ打てないなら、相手上がってるんだから、ロブでポジション下げてから、ドロップ打つといい。

速いボールを打つと、速いボールで返ってくるんだから、それで上がりたいなら、ダッシュすること。ゆっくりしてたら、走っている最中にボールが飛んでくるよ。

ペアがロブをカットしてスマッシュ打つなら(サービスライン辺り)、そのペアは前へ詰めて相手ボールのポーチ。


ま、今日のテーマは「下げて、前」「前とられたら、後ろ」でした。
バンバン打つのはちょっと中止のレッスン。後半で気付くわし
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
>序盤でこれをやっておけば、後で効いてくる。

Wで受けている金曜レッスン。
それでなくとも疲れがピークに達しているのに
最後のゲームで故障上がりの人と組まされて、、、
ま、えらい目にあいましたわ!

てにままが平行で上がっているのに
ちょっとロブがあがると「お願い~~~」
はい、回り込んで受けました。
当然、次は短い球で、
再びロブで、、、
繰り返されてピキピキでしたよ!

確かに『効きます』です(笑)
2010/01/15(Fri) 23:32 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
てにまま
前後ね。後はいいんだけど、前がね。。。ネットしがち。
で、相手が下がってないのに前に落としたってしかたない。
結構難しいですよね。
2010/01/20(Wed) 01:09 | URL  | caloline #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック