右手右足、ラケットも忘れずに
2010年02月10日 (水) | 編集 |
暖かいというか、暑い!半袖でもよかったなあ。。。汗がだらだら。。。
久々に来たTさんのためか?アイちゃんのためか?
またもや長い長いショートテニス。
ショートテニスが長いと、足にくるよ。。。

何が何でも右手右足、左手左足。
軸足の上に頭が乗っかってるように。前に踏み込むとしても頭は軸足の上に乗せたままでいい。
軸足は出るようになったけど、左手左足の左手にラケットがついていってない。
左足(バックハンド)と左手のラケットをグリップエンドが打つ方向向くように。
ミスする時は、左足の膝辺りにラケットがある、そう、ネットと面が平行になる。これだめだ。押せないから。
気をつけよう。

ラケットを立てるか寝かせるか、どちらにしても、軌道より少し上にラケットをセットしてグリップエンドを向こうにむけるつもりで。ボールは迎えにいかないこと。

右足(フォア)は完成してきた。
後はバック。

ストレートでのボレー&ストローク:ただし、ストローク側への球出しは、ぽわんと短くくるので、ラケットセットしたままアプローチして、ためてから打つ。後は右手右足、左手左足をとにかく実践。意識する。
これを頑張ると、体が速く開かないかぎり、ボールは返せる。

展開速くなると、右手右足を忘れるっていうか、余裕が無くなる。早く準備しよう。

サーブ&リターン:
リターンも同じく、右手右足。これをコンパクトにする。
いい感じ。
組み立てを考える。
走らせて、追いやって、前へワイドへ。



コーチに聞いた。
「バックハイに来た、回転多めや変な回転の来ないボールにタイミングを合わせられません

「セットした状態のまま、軸足に体重を乗せて、そのまま待てばいいのです。来なければ、落としてミドルボレーとして取ればいい。来ないボールを打ち込もうとするからミスする。待って、ボールに応じた処理をすること」

「ハイボレーだと思って、そのままどうしても打ち込もうとするから悪いんですね」

「そうです。待つことです。もしくは、セットした状態で、軸足から前へ打点へ入っていく。テイクバックの状態は変えないこと」


もうひとつ。
「ゲーム1本目のリターンをミスするのは、メンタルでしょうか」

「そうです。どこを狙うか、どういうボールにするか、という整理ができていないままサービスを受けている。相手のペースでテニスをさせられている。後ろを向いて間をとり、自分のペースでテニスをすることです」


にゃるほど
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
>自分のペースでテニスをすること

これって、とっても大事ですよね!?

1.stと2.ndの間がメッチャ早い人だったりすると
ココロの準備ができてないうちに打たれたりして。。。
逆に、、、相手のペースを壊すために
ガットを直す振りをしたり、
わざとペアさんと打ち合わせをしたり
色々と作戦を立てますよ!

実は以前にてにままも言われたことがあって、、、
ポンポンと何度かボールをついてからサーブするようにしたの。
それが自分のルーティンになってココロが落ち着く^^
おかげさまで、いい効果になったのよ!(笑)
2010/02/15(Mon) 23:19 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
てにまま、コメントありがとう♪

自分がレシーバーだと、長く時間をとるのは難しいけど、とりあえず、後ろを向いて下がりながら、打つコースだけを決めてからリターンに向かうだけで、かなり凡ミスがなくなりました。
コートチェンジの後も、屈伸したりしてほぐしてます。

相手の「波」に一緒に乗らないことが大切ですね。技術的に無理でも、せめてメンタルだけでも!
2010/02/18(Thu) 01:36 | URL  | クロ #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック