スプリットして止まるな
2010年02月23日 (火) | 編集 |
あ~~~消えた。。。。
手短に。

オープンスタンスでのストローク:つま先横向けて、腰を横向ける足はラインに平行で。腰で打つこと、手打ちでなく。

片足けんけんでのストローク。一本足打法で。ただし、バックもフォアも右足軸足として一本で。
バックは右足軸足の方が強力に打てる。
右足一本軸足で、左足を打つ前に前へ振り上げて、打つと同時に後ろへ左足を蹴りだせば「ジャックナイフ」。
軸足だけでしっかり横向いて、腰を回してフィニッシュ。バランスは保つ。


スプリットステップして動く練習:
後ろからゆっくりジョギングして前へ。コーち打つ前にスプリットして来る球に合わせて動く、ボレー打ったらすぐにジョギングして詰める。コーチ打とうとしたらスプリットしてボールに合わせて動く。ハイボレー。

相手にあわせてスプリットするが、そのままピタッと止まらないこと。足踏みをしてれば良い。

アプローチして詰めてスプリット~動いてボレー~すぐに下がってスマッシュ~前へ詰めてスプリットしてハイボレー。
スプリット入れる。止まらない。

形式練習:
チェンジする時は前の人が声かけてあげる。走ってる人は忙しいから。

ワイドに短くいったら、前へ詰めてショートクロスケア。

良いボールで追い込んだら、ロブをケア。そのボールがワイドへ切れたらロブとショートクロスをケアなので、サービスボックスコーナーの後ろ辺りで様子見。


前におびき寄せられたペアが自分を超えたら、後ろがら空きなので逆陣形になってもいいからロブケアして下がる。

前衛のペアがロブを追いかけて体勢的に戻れないと判断したら、雁行陣になるのだから、自分が前へ詰めてセンターケア。ワイドは捨てる。

センター抜かれるなら、ボールのある方のペアが前に詰めてないのかも。後は二人の距離を開けないこと。
だから、ペアがショートワイドに追い出されてしまったら、そのペアが居たところへ打たれることが多いから、センターよりもペア寄りにポジション。ワイドは捨てる。

打ったら構えてスプリットして動く

これだけで、反応はかなり良くなる。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック