風が強い日
2010年03月03日 (水) | 編集 |
風がすごい一日でした。
参加者が何故かすごく多くて、一人来なかったのに、7人もいた。いつも、3人とかなのにね~♪
だから、レッスンは手抜き(?)でした。。。

ショートテニス:なんせ、大勢なのでコーチとの時間は少し。。。
風上の時は、あまりボールを落としすぎると、ボールが来なかったり止まったりするので、バウンドの高い位置でヒットするようにしなさい、と。そのためには、ボールの下からラケットを入れてスピンをかける。
「チャンスボールのうち込みと同じですね!」
「そうです」

風の影響によるボールの変化に対応するため、早いテイクバックはいつものことだけど、テイクバックが小さくならないように。後ろへしっかりと引くこと。小さくなると、柔軟に対応できず、窮屈になりがち。


風下の時は、相手のボールが伸びてくるんだから、とにかく早い準備を。
振り遅れて詰まってしまったら、軸足置いたまま、もう1ぽうの足を後ろへ下げて、インパクトの位置を調整する。
ま、これはできるのよ。

風上なら、じゃあ、この反対だから、軸足決めても、前にバウンドならそのまま前へ移動すりゃ良いのか。


試合形式:風上側の後衛に対し、コーチが止まる山なりボールを出す。しっかりテイクバックして、ボールの下からラケットを入れてスピンを。後は続ける。

どうも風上で、K爺のスライスサーブがバウンドしない。。。すくえないくらい。。
なんじゃらほい。

最後に、4ゲームの試合をして、全員2-2で引き分けでした。自分としては0-2から2-2にしたのがえらかった。


もっとドッか~~んってボレーが打ちたいの。
ゆうじコーチに聞いたら、足を決めてから、踏み込み足より少しラケットが遅れて出てきてインパクトで止める!
パンッて感じで、フラットで当てる。
ポーチボレーで習ったのと同じね。
やってみます。

30-30からの先制攻撃、もやってみます。

引けてないで、攻撃しましょう。ミスを恐れず、果敢にチャレンジしましょう。やってやってやりまくって、ミスしまくって、それでも、やりまくって、いつかはできる、いつかは自分のものになる。そう信じてやりましょう。
今のステップでとどまりたくないのなら。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック