スプリットして前進
2010年03月09日 (火) | 編集 |
6名。振替半分。

最近アップに、端から3本ストローク、1本目エンドライン~2本目センターサービスライン付近~3本目逆サイドネット近く(これだけクロスアレーへコントロールして)がいつも入るよ。

ここんとこ続いてる練習

エンドラインからスタートしてトコトコ前へ~コーチ球出ししようとモーションしたらスプリットして様子見る(止まらない)これは共通。

1:サービスライン内でボレー(ストレート)~そのまま斜め前へポーチして決めボレー(クロスアレー)~下がってスマッシュ(ストレート)
これをフォアとバックそれぞれ。

2:サービスライン内でローボレー(クロスへ)~前衛抜けたロブをケアしに斜め後ろへ走ってボレーで返す(ストレート)~そのまま前へ詰めてボレー(ストレートかセンター)

2のロブは途中でワンバウンドさせてストロークで返し、打ちながら前へ出て行くつもりで前詰めするのもした。

ロブを追いかける時は直線的に下がると、そのまま後ろに下がってしまうから、曲線的に大回りするつもりで。ボールの後ろに入る。

上記をバックとフォアでそれぞれ。


形式練習:
クロスでの1対1。球出しボールをクロス深くへ返して、相手はそれを打ってから前へ詰める。もちろん、相手が打つ前にスプリットして様子見る。後はボレー&ストロークかボレー&ボレー。前へ出てきたら、相手も前へ出て良い。
打ったらスプリット、打ったらスプリットして動く。貼り付かないで。

チャンスボールを落とさないこと。
ボールのある側に居る時に前衛なら、詰めること。ただし、ロブの雰囲気なら下がって、ボールに応じ詰める。
ロブが抜けちゃう時は、きっと足が貼り付いてるね。


サービスから初めてのチャンピオンゲーム(2ポイントで勝ち)。
アドサイド固定でレシーブ。

並行陣の守備範囲は、二人が並んだら、後衛の前から前衛の後ろへと斜めに線引いて三角形。
前衛は後衛の前のセンター寄りの部分まで取りに行って良い。
後衛は、前衛のサービスライン付近センターよりまでケアする。

センターど真ん中のボールは悩むけど、下がってる方が取った方が良いな、それでは。


ボレーのグリップを少し厚くイースタン気味に変えました。コンチネンタルじゃ薄過ぎるって言われちゃったから。確かに、この方がボールを押しやすい。

あと、今日気付いたけど、ハイボレーなんかでやっとボールに追いついた時、軸足だけで打ってしまうとネットしちゃう。これは、軸足~踏み込み足って動きができてないから、押せてないんだよね。もっと落ち着いて、踏み込み足である程度は運べるようにしなくちゃいかん。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック