雁行陣前衛の役割は決め
2010年03月30日 (火) | 編集 |
5名。寒い。Oコーチ戻った。やっぱ、彼が良い。

アップ
アプローチ~前へ出てサービスライン付近でスプリットしてチャンスボールを更に前詰めでボレー~下がってスマッシュ~スプリットしてまた前のボールをボレー(すべてクロス)

相手打つ前に必ずスプリット。どどど~~~っと前に詰めないこと。勢いで出てしまわない。
勢いの反動でボレーするとミスする。必ずスプリット。
あとは、ラケットを掲げる。下げない。チャンスボールではちゃんとラケットあげる。ボール落とさない。

ボレーを「1、2ステップで入り、ラケットは軌道より高くセットしたら、手首角度変えず(120度)インパクト後にボールを足で!!運ぶ。腕で運ばない」と気をつけ続けてます。
今日のレッスンみたいな速い展開になると、なかなか足で運ぶことができなかったりしてアテテしまう。

深いロブをエンドライン後ろから打ちながら前へ出て行く~相手打つ前にスプリットしてボレー~更に前に詰めてボレー

形式:
2対2だが、両方ともに2バックから始める。クロスに球出し。
どちらも好きな時に前へ詰めても、後ろステイでもかまわん。
後ろステイには前に落とす。短くなったらショートクロスケアして前に詰める。

ペアが打つ時に前へ出て雁行陣になって、相手も雁行陣の時は思いっきりネットに詰めて決める。ロブ抜けたのは後衛が取る。とにかく決めるつもりで動く。
ただし、相手が上がってきて並行陣になったら少し下がる。これはペアのボールが甘くなって打ち込まれたり、ロブのケアのため。

相手打つ前にスプリット。スプリット遅いとタイミング遅れる。スプリットしないと、初動が悪い。
相手が打ちに入ってるのに私が動いたままだと、動いたままに打つからミスしてる。

並行陣になったら、ボールある方が少し前に行く方がセンター空かない。
並行陣同士でボレーボレーになったら、絶対に下がらない。下がったら負け。

コーチがドロップでネット際に落としたのを、ドロップ予測して走り、高くコーチの頭超えるロブをゆるく返して決まったのが気持ちよかった。

ミスするのは自分のボールを見送っているから。構えが遅い。
打ち込まれたボールを返すには、膝を柔らかく使って面は下にかまえて上向きにセット。


結構、タメて打てるようになってきたけど、そのタメをする時に構えておいた方が良い。
なんか誰かのイメージが頭にあって、打つ瞬間にテイクバックしてまわして打ってる。まだ余裕があればイケるけど、ないときに回している間に振り遅れになるよ。テイクバックしてセットしたまま前や横へ動こう。

攻める気持ちで、後ろ体重のままで打つと、ボールは浮くし、前へ踏み出せなくなるよ。


センターボールを見送ることが多い。軌道を見て、思い切って出て行こう。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック