アプローチとその後をどうするか
2010年04月06日 (火) | 編集 |
アップ(ショート、ロング&アプローチ)

<デッドゾーンから>
クロスからのロブをカットしボレーをセンターへ(距離が遠いから、安全なセンターを狙った)~前へ詰めてハイボレーをクロスアレー~下がってスマッシュをストレートアレー~再度前へ詰めてクロスアレーへボレー

サイド変えて。

ロブカットをストレートしてもいい。


なにか変だったのか。。。
デッドゾーンに3名並ぶ(サイド2、センター1)。これでクロスからのロブをハイボレーでアレーの真ん中付近へ入れる。フォアもバックも。次はクロスアレーへ入れる。
バックハンドがやばい。しかし、フォアハンドもアレーのデッドゾーン辺りってのが、正確にできない。
ロブを待ちきれないと短くなる。

緩くていいから、ミスしないように。フォアは慣れてきたら強いボールを打つ。
バックは(フォアも)打ちたい方向へグリップエンド向けて、軌道より高くセットしてラケット寝かせて、インパクト後はラケット立てて終る、ように気をつけた。が、難しい。


雁行陣対雁行陣:
コーチ球出しクロスを(デュースサイド)後ろからアプローチショット。相手ペアはクロス陣形(後衛はセンター寄りにステイ)。
センター抜けたのは後衛のボール。予測して抜けないように。ボレーも後衛。
前衛はアプローチがセンター抜けないように、クロス守備だったのを(クロス少し下がる)、センター抜けないように、自分が前へ詰めてセンターラインまで行く。センターライン超えてもよし。前へ詰めてたら、相手には抜けるようにみえないし、センターのボールもとれる。

ストレートロブ抜けたら、後衛ケアで前衛はチェンジ。
追いついた後衛は、ストレートへロブで返す(クロスへ深くでもいいけど、短くなると前衛にスマッシュされる)
ストレートロブなら相手下がっているし。ただし、ロブを打った側はロブが帰ってくるのを注意。

球出しから同じ形式
球出しはストレートから送られる。
これをアプローチショットする。
速く打つと、早く返ってきて、前へ詰める暇がないか、詰めている間に打たれちゃう。
ショートクロスへ打つと、前へ詰める前にクロスアレーへ返される。

ということは、ロブが一番無難だけど。。。
相手前衛のバックハンドになるあたりに、回転多め(落ちる)の緩いボールを打つのが一番余裕できる。
ゆっくり打って、前へ詰めて相手打つ前にスプリットし、相手の浮き気味ボールをストレートへ引っ張る。
相手後衛が後ろステイのままなら、ネット際に落とす。

今日の振替2名さんが、ミスばかりで練習にならない。次に繋がらない。。。。ううう。
アプローチを返してくれないと、話にならない。球出しした後に見てたらあかんやんか~。。。
テンション下がる。

ショートアレーへ打っちゃったからって、ワイドに上がっても、センターケアしてくれない。
前衛は、前へ詰めてストレートにも手が届く位置でケアしなくてはならない。


アプローチをストレートに打ったら、センターへ上がる。

ロブを打ったら、どかどか~~っと上がらずに、後ろ目でロブケアしてから上がる。
これでストレートロブきたら、後衛のボールだからね。


質問:並行陣後衛同士がボレボレ対戦。こちらが形勢不利で防戦一方。どうすれば??

「実際には、防戦してる方はコース変えたりとか余裕がない。浮かないように我慢はするけど、ペアの前衛が見守っていないで、ピコピコ動いて、前へ詰めたりする。するとボールがそっちへ飛んでくる。」


ミスせずに、1つでも多く返し続けること。
ミスしないのが最低限。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック