風上風下と回内
2010年04月08日 (木) | 編集 |
2名だけ~♪

ショートテニス:やっぱ肘が低いかな~?何も言われないけど。バックハンドは先週同様、もっと引き込んで待つようにしてみた。

ストローク練習:メンバーいないからストレートへ打ちっ放し。コーチは色んなボールを混ぜてくる。普通の、回転なしでとまるの(わしらは風上に居た)、速くて滑ってくるスライス。

どんなボールでも共通して速く準備すること。バウンドに合わせててはダメ。止まるボールは、打点に入る。そのためには軸足からボールに入る。フォアは調節できても、バックはごまかせない。

左足軸足でボールの後ろに入る(セミオープンで)が、右足を速く決めてしまわない。軸足に体重を乗せたまま、ボールの軌道を判断し、ボール来ないなら、軸足から前へ移動する。軸足~踏み込み足と決めてしまって、ボールを待ってしまと、来ない時に足で調整できにくい。
テイクバックは速く大きく。

ボレスト、ストレート同士
ストレートに打ち込まれた時に、それをボレーでカットして相手ペアの真ん中を抜く練習。相手二人のちょうど真ん中を狙う。アイちゃん、コントロール最悪で、私は練習にならず。ボレーできるボールが飛んでこない。。。
ストロークの時は、準備を早く。ストレートなんだから、インサイドアウトに振り抜いた。

バックボレーが相変わらずの不出来。

バックハンドでは、普通にバックハンドストロークと回り込んでのストロークを混ぜる。
ネット注意。

風上からだったので、回転数を多くするように。

ハイボレーを深く:クロスへ深く返す。私はアレーを狙った。フォアもバックもラケット寝かす。フォアはともかく、バックはごまかせない。ラケット寝かせて、グリップエンドを向けて、ラケットヘッドからかぶせて打たないで、肘からそのままインパクとしていく。自然とラケットは持ち上がるはず。

サービス:風上からは滑っていくサーブを。スライスをきかせるために、右斜め前へトス。
風下からは、風の影響を受けるように。トスは若干頭の上ちかくにあげて、回転を多くかける。

最近長くなるし、何となく投げ出している感じのする、自分のサーブ。
ご相談(長くなる)
ラケットかつぎまでは今でオッケー。
インパクト時に、ラケットを「押さえ込む」動作ができてないから、取り入れる。
多分「回内」ってやつかなって、ぼんやり思うけど。

インパクトした時に、手首を内側へぐいっとボールを押さえ込むように動かす。確かにすとんと落ちるわ~~♪
もうダブルフォルトしないぞ。

終ってから、中学生ペアと、私とひとみペアが練習試合。
1つめ:1-6で負け。ひとみエンジンかからず、ミスばかり。勝てる分けない。それに、バックに入ってくるスピンサーブに私が会わない。

2つめ:さっきので少し慣れた&ひとみのエンジンがかかってきて、追いかけてくれる。
なので、私はオープンコートにぽちゃり。
強打要らないよな。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック