回転系
2010年04月14日 (水) | 編集 |
5名。
ショートテニス:フォアは、振られても、回転が変わっても、それに応じた対応ができるようになってきた。バックハンドがまだ準備が遅い気がする。自分としては、低くなったり回転がかからないから、肘をあげるよう意識したら、浮いてしまうのが気になった。打点かなあ~。バックハンドでもトップスピンなら、打点はフォアと同じように前にとること。ラケットがダウンしてるか、注意とのこと。

色んな打ち方:フラットは真っすぐ入る。
スライスは上から下へのスイング。
スピンはボールの下側から入って上へ。

ボレーでも、フラットのボレー、スライスで上から下へ押さえ込むボレー、上から下へのスピンのボレー?がある。
自分が今、どの球種を打っているのか、打とうとするのか、ちゃんと理解しておくことが上達を早めるコツである。

今日は風がある。
風上からは、トップスピンで跳ねるボールが有効。サーブなら、トスは右側にあげて、曲るサーブで。
風下からは、回転のないボールやスライルで伸びるボールは風の影響を受けないから有効。ドロップショットも有効。サーブなら、トスを頭の上にあげて、スライスでも止まる感じのボールで。

自分で手出しして、スライスを打ってみる。ボールの真後ろを打てば、真っすぐ跳ねて滑るスライス。やや右から左だと右側に曲る。
以前やった軟式サーブもまたやる。右上から左下方向へラケットヘッドもくる~~んと弧を描く。高く上がって、バウンドは極端に右になる。

スピンサーブ:
トスは頭の上。グリップはスライスと同じくコンチネンタル(薄い)。手首の角度は保ったまま、ラケットかついて振り出しまでは同じ。頭の上?右耳の上?当たりでインパクトしたら、ボールを上から下へ押さえ込むイメージで。
フィニッシュは右側のまま、ラケット面の内側が自分の体を向いてるし、肘は上になる脇はあけて。終始脱力。スナップを利かせる。難しい~~~♪イメージだけつかみました。


ボレースト(クロス対決)
自分の打ったボールを少しでも見てしまうと、ストロ-ク側は不利になる。センターへ沈めたら、次はワイドとこれを何度か繰り返し、体勢崩れたら、ロブをあげてみました。ロブはちょっと甘いかな。。。自分が振られた時にどんなボールを返すかが大切だな。高くロブで時間稼ぎしとかないと、体勢戻ってないのに、決められる。

ボレーの時は、やはりボールをいかにして呼び込めるかが鍵だな。バックは特に、自分の打点(おへそ)まで、我慢して待たないと、しびれを切らして前でとるとコントロールできない。また、腕だけで振ろうと思うとコントロール利かない。1、2ステップでセットしたまま足で運ぶこと。セットは早く。相手をバックハンドになるようにセンターへ。次は逆のクロスショート。その後は深いボレー。コントロール。

サービスはいい感じ。
トスは真っすぐ立ってぶれないように。トスを思うところにあげること。安定しないトスは安定しないサービスになる。インパクト時にクイッと内側へ手首を返してボールを押さえ込むと、長いのが入るようになる。

試合したけど、やっぱセンターのボールと、決めボールの詰めがだめだな。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック