打ちにいってロブボレー
2010年04月21日 (水) | 編集 |
ロブボレー月間か?
振替の方が多くて、8名満員御礼。

アップ

センターから出る:右斜め前へ詰めて行ってストレートへハイボレー(軸足でボールに入って、インパクトで踏み込む)したらそのままボディターン~左斜め前に出て、軸足左足でボールに入ってストレートへハイボレー。


次は左斜め前へでてバックハンドで初めて、同じことを。

ハイボレーは決めるつもりで。振らない、止める。テイクバックする腰で打つ、等等自分也の課題で。

両サイドに並ぶ:センターボールをアプローチでバックハンドでクロスへ~右斜め前へ詰めてハイボレーストレート(軸足でボールに入って、インパクトで踏み込む)~そのまま流れるように左斜め前に出て、ストレートへボレー。

しばらくやったら、もう一つスマッシュストレートが追加された。

バチンといくにはどうすれば?ラケット振るのはよしたいな。ラケットは高くセットして、体は開かずに腰で打って、ラケットは引く、のがいいかな。

試合に向けて、練習中はとにかくミスしないように。コートに納める。で、思い切り良く行く。詰める時は抜かれても詰める。決めたいボールはストレート&思い切り良く。叩き付けるつもりで。試合じゃ、へなちょこなんだら。

3人が台になって、ボレー1往復のあと、ロブボレー。相手のラケット上げた分より高くなるように。ボレー打った場所に根を生やして、ボレーを打っても短くなる。打ちに出て行って、高さを意識してラケットコントロールしてボレー。なんとなく、上手くいった。

試合形式:並行陣対(最初は)雁行陣。
並行陣から球出し。雁行陣は後ろステイしてたら短くやられるよ。
ロブボレーを上手に使おう。
ペアのボールが沈んだら、すかさずポーチ。
ロブが抜けたらロブで返ってくる。
決めボールを打ちたいなら、ネット際まで進む。

超ショートアングルに打たれた時は、アングル返ししないで、ロブで抜く。このロブが、体勢崩れてもああああ¥¥¥九ないよ。
サービスダッシュしたいなら最初からファーストボレーのコースを決めておくと楽。


自分のいる場所を常に把握しておくこと。そこで、決めていいのか、決めないで繋ぎなのか。

試合が続いたせいか、各ショットがやたらとスピードありましたわ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック