ラケットを振るんじゃなく引く
2010年05月12日 (水) | 編集 |
今日は5人、途中から4人。先週の体験さんが入会した。
しばらくはショートテニスな日々だな。

で、ショートテニスは長い長い。
しかし、私自身も、月曜にプライベートお願いしたから(雨で流れた)コーチがばっちりみてくれた。
けど、言われることはいつも同じだけど、自分が違ってるの。

今回は
「テイクバックが遅い。バウンドに合わせて引いている。テイクバック小さい」
ホント、いつもいわれること。

でも、「なんかいつもとちがうでしょ?引くのが何故か遅くなってる。すべてそのせいです」

あ~~確かにテイクバックは速いつもりでも、テイクダウン(完了)するのがバウンドに合わせてるかも。
バウンドした時には、ラケットは後ろに引かれてダウンしてるはずだもんね。
左手でラケット押し出して後ろ~じゃなく、体の横にラケット準備したままバウンドを待ってるかも。
ラケット引き終わった状態で、ボールを呼び込まなきゃね。
バックハンドの調子がいいのは、ちゃんと引けてるからだね。

アウトするのはグリップ握ってる。
ネットするのは、肘が上がらない。肘が上がらないのはラケットが下がりきってないから。
フォロースルーで視界が遮られるくらいでいい。
ラケットを縦に使っていない。
インパクトの後で手首を使ってラケットを回そうとしてる。
そうじゃなく、インパクトの後もラケットを縦に使って、そのまま上へ上げていって、重力でくるんと回る感じ。
ひっぱらないこと。

テイクバック完了したら、膝~腰~肘~ラケットの順に運動連鎖で回る。「振る、というより、引くのです」

テイクバックはいつも同じで、速く打ちたいなら速く引く。ゆっくり打つなら、ゆっくり引く。
速く引けば、その連動でフォロースルーも速くなる。ゆっくりもおなじこと。
私が「回りすぎてる」と言われるのも、引いて縦に使ってあげていくことで解決するはず。
今は、「あげないで、左へひっぱっている」から回りすぎちゃう?
そうだ、「打ちたいところを見てしまうから、体が回ってしまう」「頭を残すことで、回るのを回避できる」と言ってたな。

差し込まれたら、体重後ろに逃がして、前に余裕を作って引く!右手右足、左手左足。



サービスボックスに立って、コーチ球出しをつなぎのボレー(軌道を高くとってゆっくり)、少し速く(打点を高く取る)。

ボレーのグリップでショートテニスして、ノーバンのボールは繋ぎのボレーする。

ストロークのグリップ(厚い)でショートテニス~ノーバン(ドライブボレー)。

こういうのは得意。
しかし、ボレーのグリップで速くボレーすると、ラケットをかぶせてしまう(振ってしまう)らしいので注意。するとネットするよ。


サービス:今現在ロングになるし、威力もない。
「トスあげた手を下げるのが早過ぎる」
長くなるのは、トスが低くて前過ぎるのもある。
以前言われた「手首の返し」をインパクトする直前に入れる。これでネットするなら、トスを頭の上近くにあげる。
ストロークと同じで、ラケットを後ろに大きく引けば威力が出る。
後は背中のラケットダウンだな。

たったこれだけで、サービスがまた戻ってきた。

やっぱりIコーチはやめられない♪
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
ちらっと 来ました^^
2010/05/13(Thu) 19:32 | URL  | wako #-[ 編集]
ワコさん、目は大丈夫?
ちらっと来てくれて嬉しいよ。
いつもいつも、気になってるんだよ。
元気になったかな。沖縄は暑いかな。海は青いかな。
幸せにね♪
2010/05/14(Fri) 00:28 | URL  | caloline #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック