フォロースイングの後。。。
2010年05月27日 (木) | 編集 |
ショートテニス:
相変わらず、もっと肘をあげるように気をつけて、と。「肘をあげると、ボールが浮きません?」と私。
浮くならば、ラケットをもっと縦に使ってみて、と。肘が低いところでフィニッシュする癖がではじめてるからと。

後、フォアの場合、振り抜いた後、右手が体に巻き付いちゃうから、そこまでするのは無駄な動きなので、振り切ったら左手にラケットを預ける癖をつけなさい、と。ストロークが続くと、どんどん右手に力が入っていってしまうのを防げるらしい。

また、コーチが発見した。

打ったら、レディポジション
なにかというと、インパクトして肘あげてフィニッシュ。。。の次が私にあったのよ。
それは、左側斜め下にラケットを下げちゃう。ので、レディが遅れて、テイクバックが遅れる。
私は全くの無意識でした。そんな目立ってもなかったはず。一瞬だから。

「肘上げてフィニッシュしたらすぐにレディポジションで構えて!」
Hさんを見て!と模範ストローク。うん、フィニッシュしたらすぐ構えてる。ラケットは下がらない。

これを意識してみたら、な~~んか違う。楽さが増しました

悪い癖って、知らないうちに日々進化するのね

つなぎのボレーの練習:
ボレーの構えは、立ち位置で変わる。バックハンドは左肩の延長にラケットが。それより後ろへ腕は引かない。肘は体の前にあるように。引くのはラケットのみを。手首の角度を保つ。

手出しボールを1対1で。最初から横向いて、面に乗せて。これは慣れてるよ。ルーキーのSちゃんのためですね。
バックハンドは片手を推奨。途中まで左手を添えて途中で離す、ってのはなしで、最初から片手で打つ。

コーチ球出しで同じこと:ネット際、サービスラインとの中間、サービスラインと立ち位置かえる。

久しぶりにこの練習したら、ゆっくりの繋ぎのボレーなら、ボールが面に乗る感覚がすごくある。特にバックハンドが上手く打てるとガットがしなる感じがある。

サービス練習:
インパクト後に、左脇にラケットを納めて、ラケット面が地面と平行になるように、と言う話をしたけど、それよりもフォロースルーで腕と体の間に空間を保つように大きく回すこと。

テイクバックはラケットの引きになるので、大きく回すとスピードがでる。

あ~~時間経ったから、忘れたよ。。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック