横向いて面にのせれば
2010年05月31日 (月) | 編集 |
月曜だけど。コーチと二人。先週水曜日に「行きます!」って言っておいたのに、で、以前に月曜は11時からじゃないと都合が悪いといってたから、ゆっくり来たのに。。。「用事は済んだのですか?」というと「これから行くところだったのですけど、電話しました」と不機嫌。。。う~~ん。

でも、レッスンはよかった。

ショートテニス:
続く、続く。
ちょっと緊張気味の私は、力が入ってしまう。ので、脱力。
走った時でも、脱力。
先週言われた「フィニッシュの後にすぐレディポジションで構える(ラケットを左下に落とさない)」をわざとらしくでも、心がける。あとは、肘をあげる。

「フィニッシュであげた肘で視界が遮られるくらいでないとダメ。向こうが見えてては低い」

ベースラインからストローク:
フォアのダウンザライン。テイクバックは後ろに大きく取る(後ろへ引っ張る)。肘から前へフォロースルー。重いボール(回転)を打つには、ラケットをしならせないとダメ。しならせて、ボールを長く面にのせる。そのためには、脱力し、肘から前へ出してラケットを遅らせる。また、ラケットは下げて、斜めにボールが面に乗っていくように。

何故まっすぐ飛ばない?きっと肘を引っ張ってるな。

バックハンド。バックは、腕がかためられちゃうので、横向けてれば、なんとかなる。面に乗ってるとおもう。

フォアとバックをランダムに。
フィニッシュの後のレディポジションを意識したら、とっても用意が早くなったらしい。
自分でも、打ったボールを見ちゃったとしても、すでに飛んできているボールに間に合うから、違いがわかる。
たった、それだけだけど、「気付き」はすごい。

「準備が早くなった」と褒められた。コーチもニコニコ。

クロス、そしてバックハンドでの逆クロス。
バックハンド順クロス、フォアの逆クロス。
ともに、レディポジションの問題さえクリアすれば、とってもいいらしい。
「ラスト!」と言われて、気が抜けるとラケットが下がってしまった。。。
これからも気をつけよう。Hさんのイメージが頭にあるから大丈夫だと思う。

ボレー:
ダブルスコーチに言われて、グリップを少し厚めに握り変えているのを発見され、コンチに戻された。
「面に乗せるボレー(スライス)」
インパクトの後に面が上を向く感じ。
それには、コンチでもつのがいい。
握りしめない。

コンチのままで、スライス打ち;フラット打ち;トップスピン打ち:と打ち分けられる。

やはり、問題は横向くこと。
打つ時には半面くらいしか視界に入らない状態が良い姿勢。私はコート全体がみえている(前向いている)。
横向いたらボールを押せる=面に乗せられる。

私は面でボールを「はじいて」しまうので、長く乗せるようにすること。

面に乗せるのは、ボールの下から入っていく。アンダースピンをかける。
この時も、肘から(グリップエンドは打つ方向に向けた上で)押し出していく。
手首の角度は変えない、ラケットヘッドを送り出さない(前へ向けて手首使わない)。
繋ぎの深いフォアボレーを打ったとき、最後にラケットをかぶせようとする時があった。
構えたそのままで前へ押し出してやる。ボールの高さに構えを合わせて、ボールの下に入る。

前で取らない。
インパクトはフォアなら、左肩の延長線上でとらえる。バックは多分もう少し呼び込んでるかも。
肘から押し出すには、脇を締めない。

ボレーもストロークと同じで、レディポジションでラケットを下げないこと。
走らされても、テイクバックしたまま軸足を入れる。テイクバック小さいとか前向いてると押せない=コントロール利かない。



サービス:
サービスのテイクバックは、ラケットダウンまで。
大きな振り=ラケット後ろへ引くのを大きくする。
で、しっかりラケットダウンする(背中に)。私はここまで、ちゃんとできている。

スピードを出すには、ラケットダウンした後からインパクトまでを速くする。
ラケットを速く振り出す。
ほんとだ、速くなったぞ。コントロールはそのままだ。
いいかんじ。

フォアからはセンター狙い。
バックからは、センター6割でバック4割。

風下からは振り下ろす感じ(トス上気味)
風上からはスライスきつく(トス右上)


ハエが止まるストロークに悩む私(みながそういっていじめる)
だから重いボールを打とうと思う。
速いボールを打つにはテイクバックの状態から、インパクトまでを速く引く。するとフォロースルーは惰性で自ずと速くなる。私は、テイクバックと同じテンポで打ってしまうから遅い。相手にあわせてしまうから、遅い。
速くするには、「ライジングショット」もあり。相手の力利用できるしタイミングも早いしね。練習してみる。

重いボールは、やっぱ回転。私のボールは、回転がよくかかるようになってきていて、重くなってきてる、とコーチ。
テイクバックを常に一定に、浅くならないようにしないとな。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック