バウンド位置から2メートル後ろへ
2010年06月02日 (水) | 編集 |
ショートテニス:
フィニッシュでラケット下げず、レディポジション意識するだけで、かなり違う。楽にテイクバックできる。

走らされた上、滑るボールの時に取れないのは、テイクバックが遅い。軌道の後ろに軸足が入ると同時に、その時点でテイクバック終了してないとあかん。これがね、遅い

詰まってきたボールは、下がりながら打つけど、肘の位置を高めに意識する。スイングスピード上げたら浮かない。


球出しからグランドストローク
ダウンザライン、クロス。
打ち込むときは、インパクトまでの引きを速くする。打ち込むボールは、高めのボール。ネットより高くバウンドするボール。

繋ぐボールは深く。ネット上2メートルくらいを通せば深く入る。それも肘の高さで調整。肘を高くゆっくりスイングしたら深く入る。
肘を低く速く振れば低くて短くなる。

テイクバック終了した所からインパクトまでを速くしたらスピードボールが打てるってのが、納得したから試してみるが、速くすると振り遅れみたいになるよ

打点はバウンド位置から2メートル程後ろ。その位置に直線的に入らず回り込む。

バックが直線的に行きがちだから気をつける。

形式練習:
ハイボレー。立ち位置で攻撃か繋ぎかを切り替える。決めるときはペアより前に詰める。

雁行対並行。
雁行後衛にコーチ。
コーチがロブ上げるから、並行陣後衛がハイボレーでクロス深くに返す。エンドライン。深く入れば二人でロブケアで下がる。
短くなってしまったら、相手は前に詰めて打ってくるから、こちらも前に詰める。下がり気味にいるとショートクロス打たれるよ

並行陣側はロブまた打たれても浮いてこなければクロスで我慢して相手を振る。急に前衛に打たないこと。チャンスボールが来たら前衛アタックして良い

雁行前衛はチャンスボールきたら相手2人をセンター斜めに断つボレー。一度で決まらなくても相手2人ともセンターに寄ってるから、ワイドに打てば決まる。
風下にいるときの縦ロブ、私前衛でうまく取れない

前向いていたらしい横向こう

サービスリターン:
もうヘロヘロ
コーチが、のんびりしたテイクバックから回転多めの深くて速いリターンを打つから、のんびりにだまされて準備が遅くなり、差し込まれる(要は、自分が打ったサーブを見てしまってるのだ)。

コーチの、あれが理想。

サービスエース1つとコーチバックアウト1つ以外は全部コーチに負けた

悔しいわ

深い~短い。
左右。
緩急。

あと一つで追い込めそうなのに、そこで焦ってアウトする私。
ま、追い込めそうなのも、きっと気のせいだけどさ

今日は急に暑くなったからバテちゃいました。3時間でボツ
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック