2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

センターへ沈める 

2010.06/08 (Tue)
5名
アップ

先週と同じ感じで、相手並行陣の想定。
エンドラインへの球出しをセンターへ沈めるボールを打つ。緩いボールじゃなくて、強いボールを沈める。
そしたら、コーチが短いボールを球出しするので、それをアプローチショット。
これは、ショートクロス、ストレートアングル、センターに打ち分ける。
コーチも、並行陣のクロス側(自分は対角線上に位置する)とストレート側(自分は正面に位置する)からと、位置を変えて球出し。

フォアハンド、バックハンドそれぞれで沈めるボールを。また、デュースサイド、アドサイドそれぞれで。とにかく「速くて強い」ボールで沈めるを徹底的にやらされる。


センター一列でポーチの練習。ただし、これも「相手が並行陣のときのポーチ」:
雁行陣よりも早く反応する必要がある。
並行陣側後衛にコーチ(球出し)、雁行陣後衛にボールを送るので、後衛はさっきのように速いボールをコーチに沈める。
雁行陣前衛は、ペアがボールを打った音が聞こえると同時に、前へ詰めてスプリット、コーチ返球をポーチする。

で、コーチが雁行前衛のストレート側に居るときは、直線的に前へ詰め、クロス側に居るときはクロス(センター?コーチに向かって)へ詰める。

ポーチは外へ逃げる軌道で。センターへと打ち分ける。


形式練習:
並行陣対雁行陣。ただし、雁行陣側は1つセンターへ沈む速いボールを打ったら前へ詰める。並行陣側はさっきのポーチの練習をする。

Nさんのストロークがよくて、フォアサイドの私にはセンターボールはバックボレーになる。これをボールを待ってしまうから、ローボレーになり、足元に沈んでくる上速いので、ガシャル。
もっともっと前で受けること。待たないで前へ詰めて足元ボールにしないこと。

ポーチで叩いたボールが帰ってきたら、すべて自分で決めるつもりで積極的に出て行くこと。待たない。

チャンピオンゲーム:

いくら私が沈めても、いくら私が相手を振っても、変な動きをされると台無しになる。それがよくわかった。

桑名で、Yさんが「アングルに打ったときは、ストレートを打たせようとしている場合もあるんだから、ストレートだけは抜けないようケアして」と言われたのがよくわかったよ~。
ショートクロスをスライスで打って、その前に「ストレートだけ張って!」って言ったのに、何故かセンターへ動くTさん。簡単にストレートパス抜ける。
言ってるのに~~~~~!!

ちょっと色々わかりつつあるこの頃。

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:20 |  ダブルスレッスン  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |