ボールの軌道に軸足から入ろう
2010年06月16日 (水) | 編集 |
昨日レッスン入ったから、今日は手が痛い。
振り遅れや、スマッシュとかサーブの手首の使い方で痛む。
だから、打点は常に前。腕の力はほとんど使わず、腰の捻り戻しで打ってる。
それでも、振り遅れはあるし、回転多い重いボールも堪える。

ショートテニスは何も言われず。
球出しからのストローク対ボレー(クロス)では、「痛々しい」とコーチに言われる。
とにかく振り遅れてはならないので、準備を早くして、打点が合うように腰の捻り戻しを開始する。あとは、肘をあげてボールの高さを調節なんだけど、肘をあげるのも結構ね、しんどい。

ちょっと小耳に挟んだとあることが、気になってコーチの言うことに集中できない。。。

「ボールのバウンドする軌道に、軸足を入れる。できれば、膝を曲げてぐっと軌道に入れる」
ああ、これってMコーチのいう「軸足でリズムをとる」ってのと似てる。

サービスライン上でショートラリー:
ボレーのグリップで、ボールの長さによって、ボレーかショートクロスかストロークか。
「ボールを十分に引きつける。待つ」
がテーマ。

軌道をイメージして、軸足をセットし、引きつけて待つ。思ったより、ボールって待てるもんだ。
痛いくせに、ほとんどミスしないよ。得意だもんねこれ。
コーチ前も、テイクバック遅くなって引けない時以外は、「よく待ててます。振られても、軸がぶれてない」とお褒めを頂きました。

この「待ち」が結構大切な気がする。ロブケアも、ボレーも、走って追いかけたストロークも。

並行陣後衛で、クロスから回転多めの沈むボールがセンターにくると、バックハンド足元でガシャっちゃう。
自分はもっと動いて前でローボレーではなくせば良いと思ってた。それもありだろう。

コーチは、「以前した半径2メートルの話を覚えていますか?」
「早く判断して準備してテイクバックしたまま下がって、引きつけてストロークで返す方が、次が楽になります」
と。
そうか~、そういう方法もあるか。
とにかく、足止まっちゃってるのがね。。。

のちほど、ジュニアコーチは「リズム」と言ってた。
常に、リズムを刻む。歌を歌いながらやってもいい(ユウジ君は実際そうしてたらしい)
リズムが止まると足が止まる。

後は、生徒多い時にやる試合。。。コーチやる気ないな。
で、1勝1敗でしたが、無事アイスクリームをゲットしました。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック