前後に動く
2010年08月03日 (火) | 編集 |
アップ
かなり打てるようになってきたが、サーブはてんでだめ。
けど、コーチが「トスが後ろになってる。もっと前にトスアップしたら楽に打てるよ」と。
そうなんだ。いつもと同じと思っていても、痛みで色々とフォームが変わってる。

今日のハイライトは、先週の振替クラスでもやった、前後の動き。

デッドゾーンにコーン。そこに立つ。デュースサイドとアドサイドに1人ずつ。

コーチ球出し。コーチが腕をひこうとして打ちそうになったら、前へダッシュ。打つ前にスプリット(打つ前ならどこでもいい。これをしないと、ボールにぶち当たりにいくことになる)

出されるボールは、「チャンスボール:詰める」、「ロブ:下がってスマッシュ」「ローボレー:確実に」
それぞれ、ストレートへ納める。

慣れてきたら一人15球入るまで繰り返す。前へダッシュより、打った後に下がって、デッドゾーンへ戻るのがしんどい。足にくる。しかも、今日はめちゃくちゃ暑い(インドアだけど、滝の汗)。


クロスでサービスダッシュ&リターンダッシュ:
サーブ打ったら、ダッシュして、相手はリターンでダッシュして、ボレーボレーへ持って行く。
相手打つ前にスプリット、そして横向いてボレー。動かして、オープンスペースを作るようにもっていく。

前へ突進して、ロブが上がると追いかけられない。。。これって、止まるのが遅い。準備が遅いから。


雁行同士で、サービスから形式。コーチがアド前衛に入る。
1つめはロブは来ないから、前衛は詰める。チャンスボールはどんどん詰めて、ロブで抜かれることは気にしない。
ストレートパスも前にド詰めなら、手が届く。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック