決めはストレートだけじゃないよ
2010年09月07日 (火) | 編集 |
アップ:ラケットをぎりぎりまで立てておいて、ストロークすると、スイングスピードが自然と上がるなあ。
この打ち方で、肘の高さで深さを調節するのがまだ上手くいかない。

サービスライン付近から、高いボールを球出しされ、それを前衛側にボレー(打った後に前へ出られるようなボレー。だから、頭の上とかで取らないで体の前で取る)~前へ詰めてとどめのボレーを後衛側のショートアングルへ~~下がってスマッシュを前衛側に。
両サイドで同じこと。フォアハンド、バックハンドで同じこと。

雁行陣なら後衛の前は決まる。

こういう決まった練習は、調子がいい私。
しかし、形式練習

並行陣対雁行陣:雁行陣バックサイド前衛から相手にストレートで球出し。これを並行陣側が深いボレーで後衛へ返す。後衛は多彩なショットで相手を振る。
深いボレーを打った人の横にショートクロス。
ストレートへ抜く、ロブを上げる。
沈めたら、自分も前へ詰める。ペアはチャンスボールを叩く準備をする(前へ詰める)。

私、ネット際に居る時、足が動かない!だから、チャンスボールを叩けない!
スマッシュはネットする!
ストローカーの時はいい感じなのに。

ゲーム形式:サーブからはじめる。やっぱし、足が動かない。なぜ~~~??
相手を深いボールで後ろに追いやって、前に落とすってのを何度もやるが、何度やってもボールが浮く。
浮くから跳ねる、長くなる。切り返される。
前に落としたければ、切らないで押さえ込んでボレーした方が良いのか?

先週言われた、ボレーで足をつける、これをできないとだめだね。追いついて、ボレーしてもボレーが浮いたら、叩かれる。今日はサイモンちゃんが活躍してた。やられっぱなしの私。

オムニの砂についた足の跡を指摘され:
良い時の足の跡は、前に移動している。ミスした時は、後ろに移動している。前へ移動して打たないとだめ

サービスで、後ろ足を曲げてタメているんだけど、長くなる。打つのが遅いって言われた。
トスは高すぎないでいい。多分タメるのが長いのかな。コーチが「見てて」ってデモ。
確かにワンテンポ早い。もっとためたいんだけどな、って思いながらも、真似したら長くならない♪

あと、前衛でボレーしている時、ラケットが下から出てくるのに気付いた。ラケットがまた下がっている?
注意しなくては。

コーチ曰く:
ミスする理由は2つだけ。
足が動いていないか
ボールを見ていないか。
ボールをじっと見ているのにネットするなら、足が動いてないのだ。


すぐ前に上がってくる相手であれば、サービスダッシュやリターンダッシュしてきた人とは違う方(前衛)の頭上をロブで抜いてみる。そして、ダッシュした人が、そのロブを追いかけるかどうかを見る。
普通は追いかけるんだけど、追いかけないなら、前衛の方が立ち位置下がっているはず。それなら、ストレートが抜けるから抜いてみる。

テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック