ポーチは走り抜けよう
2010年09月14日 (火) | 編集 |
アップ。

いきなりのボレー対戦:並行陣どうし。コーチ(アド)からクロスに球出し。それをクロスに返す。アングルやストレート。チャンスボールはしっかり詰めて。でも、目的が分らないまま、まったりしてくる。
並行陣なのに、下がってしまうと、間があくよ。下がって取りに行くと難しくなるよ。けど、ペアが下がるとあまり逆陣形になるし。。。ふむ。

ポーチ練習:
生徒並行陣、対コーチ側雁行陣(コーチは前衛アド)生徒後衛。
並行陣からクロスへ球出し(相手は雁行後衛)。後衛はこれをクロスへ打つ。ポーチさせるように。
並行陣のペアは球出しでペアが打つと同時に前へちょいと出て、相手が打つちょい前に(フォワードスイング?)ポーチへ出る。思いっきり出る。走り抜ける。

フォアハンドの時は、縦にラケット使わない方が良い。人差し指入りの小指切りって感じで押さえる。
バックハンドなら、左手は肘も伸ばした方が力が入る。

腕を伸ばしたまま、上から押さえつけられると、その腕は下がるけど、
「1、2、3」の3で腕を上に上げるタイミングで押さえられれば、腕は下がらずに同じ位置でキープできる。

打ち負けないが、はじかれないボレーを打つには、ずっと力は抜いていて、打つ瞬間に力を入れる、そのタイミングが大事。
はじかれるのは、打つ前からずっと力が入ってる。


コーチ(雁行陣、アド)から並行陣側クロスへ球出し。それを深くボレーでストレートに返す。後衛はこれを好きなところへ打つ。後ろにステイしたままだと、前に落とされる。

クロスへ打ったなら、アングルをケアー。
ストレートへ打ったなら、二人ともセンターを意識。
アングル打たれても余裕なら、もっと厳しいアングルへ。走らされてやっととるなら、ロブで時間を稼ぐ。
相手をサイドに寄せたあと、ストレートが抜ける。
抜けなくてもチャンスボールになるよ。

頭を抜かれたら、ワンバウンドさせていいから返す努力をする。
オーバーヘッド打てるなら打つ。

落とさない方が良いボールはダイレクトで打つ努力。そのためには下がらない。
アプローチアウトするのは回転不足。回転不足の理由は準備が遅い。ラケットが下から出てない。

チャンピオンゲームはずっとチャンピオンでした。サンキューサイモンさん。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック