同じ人にボレーを2度打たせない
2010年10月13日 (水) | 編集 |
明日からコーチは広島で、障害者テニスの何かの資格取得のための講習会に行くらしい。
車いすテニスの全日本監督をやめたハズだけど?とにかく、手足縛られてプールに落とされるらしく、気になるのかレッスンが短かったわん。

ショートテニス:
 自分としては、手打ちになっていないかな、って心配だけど、コーチは「それでいいです」って。
フォアが特に手打ちになる気がするんだけど、「バックハンドみたいに、もっと引きつけたら良いのかな?」
少し、体が開くのが早くなるので、それを気をつけて」
「もう少し長く、体をクローズにして(肩越しにボールを見て)インパクトまで頭を残したらいいのかな?」
「そうですね、そうしたら、ボールを後ろから見れることになるので

なるほど~♪


ストレートを打った後の展開
 フォアサイドでストレートアタックして、抜けずに前衛に引っかかった時
前衛がいったん打ってきた方(ストレート打った後衛)に返した時、返された後衛はもう一度前衛側には打たないようにする。同じボレーヤに何度も打たせないこと。ストレートを読んで、返したボレーヤは「また打ってくる」と、構えている。そこへまた打つと、打った方が常に劣勢になる。

 同じ人に返さずに、そこで落ち着いてクロス(後衛)へゆっくり返す。速いボールを打ったら早く帰ってくるから、ゆっくり、ロブでも良い。


 2度打ってこられた前衛は、相手2人の真ん中を断つようにボレーする。

だから、後衛がストレート打った方の前衛は、相手前衛に2人の間に打たれることを予測して、真ん中へ寄ってバックボレーで構えておく。

ゆっくりクロスへ返された相手後衛は、とにかく相手を外へ(再度やバック)追い出すような配球をする。


この、ストレート打って返されて、それをクロスへ打つんだけど、相手後衛がセンターへ寄っていると思って、ショートクロスへ速く打ちたくなるんだけど、やはり読まれてカットされちゃうてのがある。
イケル、と思って強く打つんだけどね。。。やっぱ、ここはゆっくり打つ方が良いのね。


ダブルスでは、打ちながら常に相手のポジションを考える。相手の陣形を崩すことを考える。ストレートロブを打つとか。

とにかく、前衛と後衛を動かさないといけない。それが全く同じところ(フォアならフォアばかり、とか)へ打ってしまうと、相手が構えているぶん有利になる。いつも、相手を走らせる。一球で決めようとしないで、何球か配球してから決める。

そして、ボールを持っていない人の動きが大事。じっとしてたらダメ。4人が常に動くことが大切。


サーブとリターン:
リターン側が練習。リターンをサーバの打ちやすいところに返さず、追い出すように打つ。ショートクロス、外へ切れるように。深く相手を追い出す、等。

サーブ。相変わらず調子悪い。
グリップを短く持ってみたらいいかんじだけど、コントロール悪いのは相変わらず。ばくちのようなサーブ。
コーチ曰く、「力が抜けていない。肩に力が入っている」って。

Hさんのサーブが伸びがよくなった。
彼女も「先週コーチに言われたように、力を抜いてみた」って。
力抜きましょう。抜いているつもりなのに、上手に抜けてないよ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック