リターンダッシュ
2010年11月11日 (木) | 編集 |
ショートテニス:
テイクバックが小さい。これはわかってた。ミスした時に、いっつもテイクバックが理想の半分だった。何故か分からん。

コーチは、「もっとしっかり横になりなさい」、と。つまり、腰と上半身(特に腰)をネットと垂直ってことだよね。そのためには、軸足のつま先を後ろに向ける。多分「右手右足」をやりすぎて、軸足から入るだけに注意が向いて、腰を忘れてた?
つま先後方向けることで、自然と腰も横向きになる。それから、「つま先に体重が乗ってる(ふわふわしてる?)」。横向いて、後ろ体重になって、ラケットを後ろへ引っ張られるように引いて、もっとかかとに体重を乗せる。どっかりと。

確かに、私は、つま先体重っていうか、ふわふわしてるなあ。。。
バックハンドはがっちり型が決まるので、かかとで踏んばるし、いいボールが打てる。

それと、もっと左手を最後まで残して、体がスイングと一緒に回らないように注意。
体が回ってしまうと力が伝わらない。


サーブ:
ラケットを担いだ時にラケットを背中に落とす、ってずっと何年も言われててやってるつもり。
「どうですか?」「一生懸命にサーブを打つんですが、ハエがとまるんです
つまり、力入れてるつもりなのに、力が伝わらないの。

コーチ見てくれて、「ラケットが下がりきってないで、とちゅうで止まってラケットを“持ってる”」

「ハイ、止めて」と担いだ時点で止めたら、ラケットが肩と平行に近い感じで、ラケットを手で支えてる状態になってる。

そうじゃなくて、ラケットダウンしたときは手ではラケット「持って」いなくて、脱力してぶらん。
そのためには、グリップと手の間には指2本はいるくらいの空間。
そういえば、以前に、指にラケットを乗せるって言ってたなあ。忘れてた。

ラケットが落ちてる感じをずっと確認しながら、徐々に調整。
フラットで当たらなくなってきた。
「一生懸命早くラケットを振ると、ボールとの接地が一瞬になって、ボールがガットに乗りにくくなる。フラットになる。それよりも、ゆっくりと振り抜いた方が回転がかかって変化が大きくなり、効果的」
「ハエが止まっても、変化が大きい方がいいですよ
と。

いやはや。人は忘れる動物だ。


形式練習:
リターンサイドはサーブをリターンして、そのままダッシュして詰める。サーブした側は、返されたボールを上がってきた相手の足元やストレートロブなどする。

やっぱ、上がってこられて並行になって、しかも背が高いと打つところがないような気がする。沈めようと思っても、胸辺りに打ってしまう。ま、これは技術的なことですけども~

それと、ロブに逃げてしまう。2つ打って攻撃に入れないと、ロブを打ってしまう。逃げずに打っていきたいのに、条件反射??逃げたい気持ちのロブは、必ず短くなりスマッシュされるよ。
これなおす。


相手を走らせよう。
オジがハイバックが苦手と分かったから、バックボレー打たせるようにしたら、ミス連発。こういうのをもっと分かるようにならないと。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック