つなぐボール
2010年11月25日 (木) | 編集 |
振替に。
レギュラーTさんは、先日全国レディースが終ったところ。
2つ目で愛知に当たって、ボロボロだったとか。。。。

ショートテニスは無しで、コーチ球出しをショートテニスとして、相手のサービスライン内に入れる。ストレート、クロス。ゆっくりでいいから、回転かけて。

テイクバックが小さいと指摘。そんな感じ。前を向こうとしてしまってるかな。
つま先を後ろ向けないと。今日はやたらネットしたのは何故?

ボレー(1)&ストローク(2);
Tさんのボールは厳しい。コースもつくし、甘いと狙われる。こちらは返すのにアップアップで、チャンスボールになる。見てたら、ストロークはしっかり振り切っている。反応が早いし、体で打っている。
ボレーしていて、いつものことだけど、テイクバックが重要だ。それと、迎えにいかないこと。引きつけて、自分の横で打つ。前で打ってしまうと、ボレーは短くなる。来ないボールでも、我慢して待つか、前へ詰めるように。

速いボールを打つと速く帰ってくる。だから、ゆるく打つことも大切。それはつなぐボール。緩急が大事。ラリーは平均4,5。だから4往復したらしかける。それまでは緩いボールを並行陣の足元に落とし続ける。

つなぐボールは山なり軌道で。どれくらいのスピードで、どれくらいの軌道にするか。ラケットを握りしめない。面を作っただけでも返すことはできても、何球か続けると安定しない。準備の時のタメが重要。タメを作るには、膝を曲げること。ボレーでもストロークでも同じ。

緩いボール(ただ、緩いだけでなく回転をかける)を打つには、ラケットは握りしめないけど、どれくらいがいいか自分で見つける。
ストロークは親指と中指薬指。
ボレーは小指と薬指を意識する。

ボレーヤの足元にゆるくストロークを落とすことが大切だけど、そのためには、サービスラインにバウンドさせる気持ちで。相手じゃなく、サービスラインを意識する。

クロスでボレー&ストローク:足元にコンスタントに打てるように。ボレーはつなぎで。私はアップアップなまま。なんかテイクバック遅いし、小さいし、浮くし、いいとこないやん。。。。

来週もココで頑張る。

テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック