グリップを支える指は
2010年12月02日 (木) | 編集 |
今日は初心の大会。アイちゃんが出場して見事優勝して卒業しました!
おめでとう♪

グリップの握り方おさらい。

スピン:トップスピンを打つには、ラケットがしなったほうがいい。そのためには、脱力できるようにしならせられるように、「親指と人差し指で持ったグリップを、“中指、薬指で支える”」手のひらとグリップの間には指一本あける。人差し指で支えるのが一番大事。ぐらぐらするのを後の指で支えるの。手のひらの筋がつりそうになるのは、余計な力が入っている証拠。

ボレー:握ってインパクトを与えることもできるよう、しなりすぎないように、親指と人差し指で持ったグリップを“薬指と小指で支える”」
これで、ラケットが安定し適度なしなりもでる。

スピンを打つにはグリップ&脱力と、膝を曲げることも大切。膝を曲げるには、構えから膝を曲げておく(ダッシュでのよ~いのポーズ)。膝のタメ。
体重は軸足で体幹を真っすぐに保つ。インパクトまでに頭が動かないように。胸を張る感じ。

これを踏まえて、ボレー&ストローク:
県代表超A様のKさんに、中上級の私達。まったくかないませんが、頑張って返します。とにかく、打ったら構えて相手を見る、これだけでなんとか返せますが、コースつかれると、アキまへん。Kさん、とにかくコントロールがすごい。相手の逆、逆。長い、短い。高い、低い。真似しよう。

ボレーでは、打つ時に力が入ると長くなるけど、それを気をつけたら今日はいいかんじでした。グリップを意識したせいかな。

スマッシュ:スマッシュもラケットをしならせる方がいいので、ストロークの指使いで(握りはコンチだけど)。サーブと同様に、担いだラケットを背中にダウンさせる方がいい。横向いたら、必ず膝は曲げたままで伸びない。私は伸びてしまう。届かない気がするんだけど、曲げたまま打てる打点=自分の打点なのだ。
サーブのように左側まで振り抜かなくてもかまわない。インパクト後に肘は残しておいていい。打点は体の前で、振り抜いて叩き付ける。

厚い握りで叩く時は、特に手のひらとグリップの間をあけて、ラケットを下げてインパクトでぎゅっと握るだけでいい。

スマッシュを受ける:下がって打ち込まれたスマッシュは後ろ(軸足)体重で受ける。横向きでボールを呼び込んで軸足体重のまま返す(ロブで)。差し込まれたスライスとかでも、もっと呼び込んで後ろ体重で打てば、多少体が前傾しても大丈夫。練習で、私はスライスでスマッシュを受けたんだけど、横向きのまま軸足体重で受けて後方へ威力を逃がす感じで上手くいった。ロブばかり返したけど、このスライス面の角度で高さを変えられる気がする。

サービス:サービスもしなりがいるので、スマッシュと同様に。ヘッドダウンから振り出してインパクトに向かうときに、小指をぎゅっと握ってやると、ヘッドスピードが出る。これは旦那が言ってたことだな。とにかく、「グリップは指の腹に」「横向き」「脇を空けて懐深いまま巻き込むように打つ」「小指握る」を意識したら、いいサーブが入ったよん。

今日の気づきは~::
私は膝が立ってしまう!」ってこと。
「常に膝は軽く曲ってること。ハイボレーにしても、スマッシュにしても、ストロークにしても絶対に膝が伸びてはダメ」ってこと。

膝が立ってしまうから、コントロールが難しくなったり、ストロークが待てなかったりするのかな。これも一因だな。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック