ストレート対決
2010年12月07日 (火) | 編集 |
今日から元県代表の超A様であるウメさんがメンバーに。ベテランさんですけど、何故ここのクラスに?一つ前のクラスの方がレベルは高いのに。。。
しかし、歓迎なのだ♪

アプローチ~サービスライン内でローボレー~下がってデッドゾーンでスマッシュ~前へ詰めてチャンスボールを決めボレー(クロスへ)。
何故か調子いい私、でもコレだけだったなあ。

ボレー対ストローク(1対1):
ストローカーからクロスへ球出しし、ボレーヤが1回クロス深くへボレーを返す。このボレーをワンバウンドさせてストローカーはストレートへ展開。
必ずロブは入れること。ボレーヤのボールは、コートの中央を割ったらダメ。半面でストレートの1対1対決する。

ボレーの時は、足さえ止まってなければ、ロブさえケアできればなんとかなる。ストローク側がとにかく不利。。天井は低いから高いロブだとダメだけど、触られちゃあかんし。けど、最初のボレーが深くて滑ると、好きなようには打てない。これを好きなように打てるようにならないと。
「足が動いてない」って言われた。スライスが苦手な私が取れないから。ちゃんと動いて軌道に入れれば。。途中から、『膝」だって気付いたので、膝を曲げて動けるように。

やっとこ返して後ろに下がらせられたら、前に落とされるんだから、なるべくロブ、しかも相手のバックハンドになるように上げる。上げられたら、前へ詰める。詰めすぎてもダメ。

とにかく沈めるボールをコンスタントに打てないと。沈めたらすごいボールはこないから、前へ詰める余裕ができる。ボレー対ボレーになれば互角になるから。

ボレー側のとき、コーチと対戦して3つまで返せる。3つの時に、形勢逆転するかイーブンに持って行かないと次でやられるの。どうすればいいのか。。。とにかく振られるから、相手を振り返すか、やはりロブでしょうか。

雁行対並行:コーチが並行陣側のデュースサイドに固定で。
雁行陣のデュースサイドの後衛からクロスへ(コーチ)に球出し。コーチはそれをクロスへ深くボレーするので、それを後衛はストレートに展開して後は自由。1つ目は絶対にストレート。3つに1つはロブを入れる。コーチとペアの(並行陣)人はロブは絶対抜けたらダメ。縦守りする。ロブは予測して返す。

打ち込まれたら、雁行2人の間をクロスに返すが、前衛から遠いクロス(センターマーク辺りを目安)に。サービスラインTマークだと前衛に取られる。

ロブの先日習った返し方は、追いつめられた時にだけする。普通に打てるなら、普通にハイボレーで返す。

なんだろ、私がストレートに打ち込まれる前衛の時、1つ返して2つ返してもなんか予測が外れて逆をつかれる。これってスプリット?打ったらその体勢のままにいるのかな?

並行陣側(アド)でセンター寄りへチャンスボールが来たら詰めて打つんだけど、つい進行方向のまま相手のアドサイドアレー(クロス)へ打ってしまう。しかし、そこには雁行陣前衛がいるし、予測されてカウンターくらうので、「デュースサイドのネット際にボレー(つまりストレート側へ打つってこと)」する。後衛は後ろにいるから、短く。決まりやすい。でも、難しいしミスしやすいよね~~。

それと、雁行陣のとき、ペアの打つボールをぼんやりと視野に入れること。
そのためには、ペアが打つ時は、ペアとストレート側の相手との真ん中辺りに視線を置く。ロブなのか、フォアハンドなのか、バックハンドなのか、知っておくことで反応が早まる。

難しいよ~~~。
下手だよ~~~。できないよ~~~。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック