スライスボレー
2006年08月16日 (水) | 編集 |
060808_2344~01.jpg
ほぼ1ヶ月振りの水曜日レッスン。今日も暑くて気乗りしなかったけど、休み過ぎなので頑張って行きました。レッスン中は曇ってきたので助かりました。

ショートテニス、まだまだテイクバックは遅く、脱力しきれてない私。
今日のテーマは「スライスボレー」。フラットでボレーするよりも、コントロールしやすく、長く飛ばすことができ、威力もあります。短いものの、テイクバックが大切です。ボレーでは球筋を正確に迎えに行くことが大切であり、フォアなら右足、バックなら左足で球筋に入って行くのだそうです。

フォアハンド:テイクバックは肘が体より後ろにでない(ラケットを寝かせると距離がでる)。体は横を向く。インパクトは体の少し前でフォロースルー後はラケットが上を向き加減。

バックハンド:テイクバック時の右手は左肩の延長上。ラケットフェースはストローク時と同様に後方に寝かせると楽&距離がでる。体はネットと垂直(横向き)になるように、左足のつま先が後ろ方向を向くように気をつければ、自然と体が横向きになる。寝かせたラケットを自然に前へ降り出す。

何度か練習しましたが、今イチ感覚がつかめないまま終わりました。なんとなく分かるんだけど、浮いたりコントロールできなかったりします。

最後のサービス練習では、テイクバックで肘を上げる段階でラケットを脱力して、背中にだらんと下げる点を注意されました。大切なのは、肘を上げたからラケットを下げるのではなく、振り上げる最中に先にラケットを下げ、下げた後で肘を上げて回していく、という点です。ラケットが腰の位置くらいまで下がっていると、振り下ろしまでの距離がでて、ヘッドスピードが上がります。フォロースルーはきちんと左脇にフェースは上を向けて。なかなかイイ感じでしたよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック