スマッシュは足を止めないで
2011年01月19日 (水) | 編集 |
コーチ急用(休養?)で休み。終ったら来た。
代理でジュニアMコーチ。

ショート;
もっと体を使って、手打ちにならないように肩を回して、と言われる。肘を体の前へもってくる感じ?今は、テイクバックして下から打ったあと、ラケットをあげて自然に脱力、って位置がまだ右側のまま。それを左肩のあった位置まで回す(多分)。

それから、肘を上げすぎる。肘の下から向こうが見えてる。
コレは昔、トップスピンを習う時に、マイコーチが「今の段階では」と教えてくれた形。このままだと「脇があきすぎる」らしい。肩の位置くらいでフィニッシュするように。そして、肩は回すように。肩と肘を回せば、自然と体の捻り戻しができる。
脱力してこれができるように今後練習してみよう。

ボレー:
サービスラインからコースを狙う。フォアハンド、バックハンド。クロスへ、順クロス逆クロス。
ボール軌道をグリップエンドに合わせる。グリップから打ちにいく。打つコースへ面を作ってそのまま。バックハンドを振りすぎないように(引っ張らない)。セットして~当てる。押し出しは踏み込み足で。手で行わないこと。

スマッシュ:
グランドスマッシュから。打つまで横向きで足を動かして微調整。足を止めないこと。打点の見極めをしっかりする。アウトするなら、打点を前に。体の前で打つこと。
左手で打点を確認するんだけど、ボールは左肩から見ること。体の横向きをキープする。
風が強いので、ボールは変化するんだけど、足を止めるのはちょい早いのか、気負うとスカ振りする。
グランドスマッシュ~ボレー~普通のスマッシュの組み合わせまで。
グランドスマッシュと普通のスマッシュじゃ打点が微妙に変わるから、難しいの。。。

形式:
雁行対雁行。
雁行前衛にスマッシュボールの球出し。これを前衛はセンターにスマッシュ(正確には相手の間を斜めに絶つ軌道がベスト)。
相手ペアはロブが上がったら、立ち位置を下げれば良い。ブロックリターンでロブでしのごう。
でも、斜め軌道でいいスマッシュを打たれると、拾えないわ。
前衛に引っかかりそうなら、やっぱラケットを軌道上に下向けて置いておけば良いんだけどね。。なかなか当たらんわ。

サービス:
サービスラインから~~~デッドゾーンから~~~エンドラインから。
って打ったので、エンドラインから打つと微妙にネットする。
「上から打ちおろす感じになってるからネットする」まあ、サービスラインからサーブ打ったからね。。。

指3本で脱力して打てばいいかんじ。
サーブは速さより、コース。同じコースを続けない。相手は慣れてしまうから。相手を翻弄しましょう、と言う話。

ストロークのフィニッシュを低くしようっと。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック