オープンスタンスで逆クロス
2011年02月10日 (木) | 編集 |
振替で木曜、3名

今日もセミオープンスタンスで逆クロスへのストローク。セカンドサーブがセンターに入ったら、逆クロスでサービスボックスのコーナーよりアレー方向へのストロークで相手を外へ追い出す展開を考える。
サービスボックスコーナーより内側に入らないように。

ボールの軌道は逆になる。
その軌道上に軸足を持って行くけど、フォアならボールは遠ざかる、バックならボールは近づいてくる、そのへんを気にする。踏み込み足をセミオープンに。前の足がスイングの邪魔にならないように。十分タメを作って、クロスだから打点を引き込んで。

私はボールに近づきすぎる。逆クロスを打つには、かなりボールから遠い方が打ちやすい。

スピンがかかるように、テイクバックでラケットを左手で立てたままちょいと傾けてから、後ろへ引いて脱力し、グリップエンドから打ちに行って肩の高さで振り抜く。テイクバックの時は必ず腰を打つ方向に90度にすること。

この足の持って行き方はボレーでも同じ。

バウンドして来るボールと自分との距離と打点と足と腰の位置が一番重要な気がする。ほっとくと、すぐに、クローズドスタンスになってしまうんだよね~~。
なんとか、フォロースルーが顔まで来なくなってきたけど
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック